Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

師匠に捧げる愛のバラード

やはり師匠は偉大だった・・・

サトワカ師匠のところで
レンジで作るゆきひかりパウンドケーキ」が
発表されてからというもの、
ゆきひかりの在庫がたくさんあるのをいいことに
何度か作ってみたのですがなかなかうまくいかない。

師匠のところにお邪魔したりしていただいたりするたびに、
ちょこちょことアドバイスをいただいていたのですが、
ここへきてようやく
なんとか納得のいく出来になってきたような・・・

以下、資料映像です。

ナオさん、サトポン、今度はちゃんとデジカメで撮ったわ!


でもね、チンしたあとの画像撮り忘れたの、ゴメンね


いままでに比べると
一番ゆる~い生地の仕上がりになってます。

これまではヘラで表面をならすくらい
もったりしていたのですが、
今回は必要ないくらい「液体」でした。


前回との主な変更点は


・かぼちゃパウダー(クオカ)を2g→5gに変更
・タピオカ粉は2種類をブレンド
(クオカが10gで底をついたため残りは創健社で)
・開栓直後の米酢を使用



水は10g増しで170g、600Wで5分半チンしています。


仕上がりはこんな感じに。

クリックすると倍の大きさになりやす


チンした直後はやけにふくらんでいるので
こりゃダメかと思いましたが、
冷めてからスライスすると、
いままでとは比べものにならない
美しい断面が登場したので驚きました。

ゆきひかりケーキにありがちなもったり感も
ほとんど気にならないふわっとした食感に感動!


師匠のアドバイスどおり、
2g→5gにしたとたんにこうも出来栄えが違うとは!
と感激する反面、

この出来栄えの差は
タピオカ粉の違いも大きいような気がします。

今回、2種類を続けてボールにぶちこんだ関係上
痛感したのですが、タピオカ粉、
クオカと創健社だと全然粉の状態が違うのね~

ゆきひかりも、メーカーによって
かなり粒子の状態が違うので、
うちはすっかりグルメライス旭川びいき。

師匠もグルメライス使用なので
オッケー、オッケーと思っていましたが、
タピオカ粉もこんなに違うとは思わなかった!

師匠、お手数おかけしてスミマセン!
はじめから創健社のタピオカ粉なら
もっとうまくいったのかも!

ゆきひかり、タピオカ粉、かぼちゃパウダーと、
メーカーによる粉の違いまでも計算に入れつつ
米粉レシピを開発する師匠はすごいな~と
あらためて敬服した次第なのでした・・・。

なお、画像からも想像つくかと思いますが、
今回も型はずしには若干、苦戦。
とはいえこれまでとは
比べものにならないくらいスルッときました。


リ・ファリーヌに比べると
「誰でもできる」ようなレシピにするのが
難しいゆきひかりにあえて挑む師匠が好きです。

今日もおいしいレシピをありがとうございました!



なお、参考までに
これまでの師匠とのFAQを
勝手に追記にまとめさせていただきました。

追記を表示

スポンサーサイト

萩の月@まめさん式レンジケーキ

こんなのできました。

2007102102.jpg


なんか、ここ数日
便利グッズの紹介ばかりしているような(^ ^;

これ、間違って2つも買っちゃったんです。

2007102101.jpg


その名も電子レンジ用目玉焼くん

アレルギーっ子には一見縁のなさそうなグッズなのですが、
以前、しーばさんがこれでおいしそうなブッセを作っていた
のを覚えていたので、生協で見つけてすかさずゲット!

もちろん、恐ろしくて目玉焼きなんか作ってないんですけど、
これにこんなふうに

2007102103.jpg


まめさん式レンジケーキ」の生地を
丸みのある方に入れてフタをかぶせたら、
うちのレンジの場合は600Wで2分半チン!

見事な萩の月の出来上がり!

まめさんレシピのココアを
かぼちゃパウダーに替えて作ってみたのですが、
これ、パウダーなしで糖分ひかえめにしたら
プチハンバーガーもできそうよね。

ところでみなさん、萩の月って知ってます?


ごはんdeケーキdeナボナ

拝啓 ナオ様、焼いてみました。

2007070402


前回記事のごはんdeケーキdeかぼちゃ炊飯器ケーキ、
(←どういうネーミングだ!?)
そのまま焼いてみたらこうなった、の図。

さすがにふくらまないだろう、との
ナオパティシエの予想を裏切り、
けっこうふくらんだぞ、こりゃ!
(えらく偏ったふくらみ方をしてるのが気になるが…)

油が入らないレシピなので、
焼きあがりの表面はちょっぴりカサカサしていて
いわばブッセ風?○屋万年堂のナボナ?
でも、それも時間をおくとしっとりとしてきます。

味はどうかって?


2007070403




お・い・し・い…!!!



なるほどごはんdeケーキ、油分なしでも充分使えます。


ごはんdeケーキdeかぼちゃ蒸しパン

なんじゃ、こりゃ?

200706301


答えはこちら

ナオさんの「ごはんdeケーキde抹茶蒸しパン」、
レシピどおりの分量で、
抹茶パウダーがなかったので
代わりにかぼちゃパウダー使用、
うずら豆なしで作ってみることにしました。

こちら、ごはんdeケーキを利用して、
油分なしでできたレシピなのですが、
それでも1分ほど混ぜていると
ごはんdeらしくもったりした生地になってきます。

よしよし、次は
「型に入れて、強火の蒸し器で10~13分蒸す」だな。


んんっ?


蒸し器ですか!?


う、うち、蒸し器ないんだよね~~。

シューマイ作る時にも蒸籠を使っているわが家。


蒸す=蒸籠乾かすのが面倒。


うーん、困ったぞ(~ ~;


…というわけで、

毎度おなじみナショナル3合くんに
生地をぶちこんで炊いてみたらば
冒頭の画像になりました。はい。


これ、すっごくやわらかいんです!


やわらかすぎて、
勢いよく釜から出したら
すっかり崩れてしまいました…(= =;

でも、味は最高!

なるほど、ごはんdeケーキのもったり感がなく、
胃もたれしない感じ♪

オリジナルレシピよりは
あっさりした印象のやわらかい甘さがたまらない。

小躍りするほどふんわりな仕上がりでおいしいので、
今度はちゃんと型に入れて炊きたいと思いま~す!
←あくまでも炊飯器か!?




続 ベイクドチーズケーキ

しつこいですか?

200706101


ゆうあんみぃさん考案の豆乳クリームチーズ

それを利用してのチーズケーキ作りに
ハマリまくっていた今日この頃なわけですが、
いよいよこれが決定版、かも。

今回、材料はこんな感じで。

<豆乳クリームチーズ>
豆乳   400g
レモン汁 大4
てんさいグラニュー糖 大2

↑豆乳クリームチーズの作り方は
ゆうあんみぃさんのレシピどおりです。
材料を約2倍にして作っています。
上記の分量で一晩眠らせ、
できた豆乳クリームチーズ208gを使用。

<タルト生地>
とうもろこし粉  200g
A-1マーガリン 80g
メイプルシロップ 60g
はちみつ      20g

↑タルト生地はこむぎこさんのマネッコで
サトワカさんのとうもろこし粉クッキーレシピ
使わせていただきました。
レシピの分量を1.5倍にして生地を作りました。

200706105


22cmのタルト型に生地を敷き、
フォークで穴を開けておきます。

豆乳クリームチーズ  208g
砂糖   30g
A-1マーガリン  20g
リ・ファリーヌ  50g
ベーキングパウダー 小さじ1

豆乳入りホイップ(スジャータ) 200g


豆乳ホイップ以外の材料を
ハンドミキサーで均一に混ぜます。

続いて豆乳ホイップを泡立て器で泡立て、
両者を混ぜ合わせます。

200706104


用意してあったタルト型に生地を入れ、

200706103


180度のオーブンで焼くこと30分。

200706102




うっ、すっげ~ヒビ割れ!



実はこれの前に、
「焼いてみたらぺしゃんこバージョン」も
作ってしまったもので、
なんとしてもふくらませようと
思いきり泡立ててベーキングパウダーも入れたら
こうなりました(^ ^;

焼いてる途中で生地がぶわぁ~っと
2倍くらいまでふくれあがり、
焼きあがってからしゅるしゅる~としぼんでいき、
冷蔵庫で冷やしたらこんな見事なヒビ割れが…。

う~む、見栄えいまいち?

でも、味的には過去最高の出来!
とうもろこし粉クッキーの甘さとうまくマッチして、
まさしくこれはチーズケーキ!
なのに乳不使用!アンビリーバブル!!!

なお、できれば面倒くさいことはしたくない私のこと、
とうもろこし粉クッキーでタルト型、
こむぎこさんのおいしそうなベジチーズタルトを見て
マネッコしたい気持ちはやまやまなれど、
ひと手間かけずにすむのならそれにこしたことはない、
というのが本音のところ。

にもかかわらずタルト型を敷いてみたのは、
これの前の失敗で、中味だけ焼いたのでは
やわらかすぎてケーキの形を保てない、
というのがわかっていたからです。

でも、味はすごくおいしい!
タルト型に入れて焼けばなんとかなるかも、
と思って作ってみたのが今回のバージョンです。
狙いどおり、ケーキらしい形に切ることができましたが、
やわらかすぎるには違いない。
取扱いは要注意、であります(^ ^;

同様に、本来ズボラちゃんなので
泡立て器なんかも極力使わずにすませたいのですが、
この場合、やはり泡立てた方がケーキらしくなるようです。
泡立てないとペシャンコ。
かなり凹める結果が待っています。

なお、余った生地をついついちょびっと
なめてみたりしちゃうわけなのですが、
これ、粉ぬきで作って、そのまんま
冷やして食べてもおいしいと思います。

それに関しては、sizukuさんがおいしそうな
ストロベリーチーズケーキを作って
証明ずみです♪

私自身は、つい、生豆乳が心配で
やっぱ火は通しておこう~と思ってしまうのですが。

しかし、生ではないにしても
豆づくしなレシピには違いないですね~(~ ~;

とってもおいしいのですが、
特別な日の特別なメニューとして
小出しに利用していきたいと思います。



Appendix

プロフィール

eri

Author: eri
アレルギーっ子の母やってます。
♥長男ぺっち♥
2002年12月生まれ
乳・小麦・卵にアレルギーあり。
検査数値のわりに
反応が強いタイプ。

♥長女なっち♥
2006年4月生まれ
アレルギー検査結果、
軒並みスコアゼロ!
このままアレルギーに
縁のない生活を送れるのか!?

最近の記事

ブログ内検索

 

YOU CAN RUN !!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。