Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

師匠に捧げる愛のバラード

やはり師匠は偉大だった・・・

サトワカ師匠のところで
レンジで作るゆきひかりパウンドケーキ」が
発表されてからというもの、
ゆきひかりの在庫がたくさんあるのをいいことに
何度か作ってみたのですがなかなかうまくいかない。

師匠のところにお邪魔したりしていただいたりするたびに、
ちょこちょことアドバイスをいただいていたのですが、
ここへきてようやく
なんとか納得のいく出来になってきたような・・・

以下、資料映像です。

ナオさん、サトポン、今度はちゃんとデジカメで撮ったわ!


でもね、チンしたあとの画像撮り忘れたの、ゴメンね


いままでに比べると
一番ゆる~い生地の仕上がりになってます。

これまではヘラで表面をならすくらい
もったりしていたのですが、
今回は必要ないくらい「液体」でした。


前回との主な変更点は


・かぼちゃパウダー(クオカ)を2g→5gに変更
・タピオカ粉は2種類をブレンド
(クオカが10gで底をついたため残りは創健社で)
・開栓直後の米酢を使用



水は10g増しで170g、600Wで5分半チンしています。


仕上がりはこんな感じに。

クリックすると倍の大きさになりやす


チンした直後はやけにふくらんでいるので
こりゃダメかと思いましたが、
冷めてからスライスすると、
いままでとは比べものにならない
美しい断面が登場したので驚きました。

ゆきひかりケーキにありがちなもったり感も
ほとんど気にならないふわっとした食感に感動!


師匠のアドバイスどおり、
2g→5gにしたとたんにこうも出来栄えが違うとは!
と感激する反面、

この出来栄えの差は
タピオカ粉の違いも大きいような気がします。

今回、2種類を続けてボールにぶちこんだ関係上
痛感したのですが、タピオカ粉、
クオカと創健社だと全然粉の状態が違うのね~

ゆきひかりも、メーカーによって
かなり粒子の状態が違うので、
うちはすっかりグルメライス旭川びいき。

師匠もグルメライス使用なので
オッケー、オッケーと思っていましたが、
タピオカ粉もこんなに違うとは思わなかった!

師匠、お手数おかけしてスミマセン!
はじめから創健社のタピオカ粉なら
もっとうまくいったのかも!

ゆきひかり、タピオカ粉、かぼちゃパウダーと、
メーカーによる粉の違いまでも計算に入れつつ
米粉レシピを開発する師匠はすごいな~と
あらためて敬服した次第なのでした・・・。

なお、画像からも想像つくかと思いますが、
今回も型はずしには若干、苦戦。
とはいえこれまでとは
比べものにならないくらいスルッときました。


リ・ファリーヌに比べると
「誰でもできる」ようなレシピにするのが
難しいゆきひかりにあえて挑む師匠が好きです。

今日もおいしいレシピをありがとうございました!



なお、参考までに
これまでの師匠とのFAQを
勝手に追記にまとめさせていただきました。

追記を表示

スポンサーサイト

モスデビュー

今日は大きい方の病院に行ってきました。

久々の血液検査をしてきましたので、
今後の方針等については
来週の結果を見てからまたご報告したいと思います。

診察後、病院の近くのモスバーガーで
モスキッズメニュー
に初挑戦してきました。

2007102901.jpg


奥が5大アレルゲン不使用(鶏肉使用)の
チキンやさいライスバーガー。

手前はモスライスバーガー鶏つくね。
こちらは小麦・卵・大豆使用なのですが、
もしかしたら解除の進んできた
息子にも食べられる…かもしれない。

ということで、私が頼んで食べました。

どうもね、一緒に食べる時って
「それも食べてみたい!」と言われたりとか
万一接触があったりした時のことを考えて
自分もセーフメニューを選んでしまいます。

一番手前はフレンチフライポテト。

コンタミの可能性あり、と表記されていますが
ケンタッキー同様、今回も息子はセーフな模様。

モスバーガーではHPにアレルギー情報
掲載されていますので、
あらかじめ確認してから利用してみました。

息子が思いのほか気にいったため
あまり分けてくれなかったのですが、
チキンやさいライスバーガー、
子どもの好きそうなあまい味で
なかなかおいしかったです。

画像にはありませんが、
りんごゼリーもウキウキでたいらげてきました。


オマケがかわいいんだな♪

2007102902.jpg


最高級メロンパン@あくまでもまめさん式

この歌、けっこうはやってるらしい。

メロンパンのうた


楽しいんだけど、この映像を見せると、
お子さんに

「あんぱん食べたい!」

「カレーパン食べたい!」

と言われること必至ですので、
お見せになる時にはそれなりの覚悟をもって
のぞんでくださいませ。

てなわけで、今日はメロンパンネタ。


こんなのできました。


2007102703.jpg



一応、メロンパンとしては過去最高の出来…?


製法としては、先日のまめさん式萩の月のうえに
まめさん式メロンパンの生地
をかぶせて
180℃15分焼いてみました。

2007102701.jpg

これが萩の月


2007102702.jpg

かぶせたところ


模様はバターナイフでつけたところきれいにできました。

バターナイフにいい使い道ができてうれしいかぎりです…

クッキー部分はいささか固い感じもしましたが、
少し時間をおくとしっとりしてきます。

型がないとできないのが玉にキズですが、
なにせパン部分が米粉にあらざるほどふんわりなので
過去最高のメロンパンが完成しました。

やっぱね~、まめさん式メロンパン、
まめさんの発想はすばらしいけど、
元になってる米パンレシピがいまいちだったね!

そんな失礼なこと言っていいのかって?
いいの、いいの、言ってやって!
やっぱ、日々精進だからね。



まめさんのレンジケーキ
いつもほとんど失敗なく
フワフワに仕上がるのでおそろしく優れもの。

唯一、難点をあげるとすれば
豆乳たっぷりなので大豆アレさんには使えないこと。

先日、サトワカさんのところで
ゆきひかりレンジケーキレシピ
が出たので、
手軽なのも幸いして
やたらと作りまくっているのですが
なかなか納得いく出来になりません…

2007102704.jpg

2007102705.jpg


味はつねに申し分ないんだけど、
型離れと断面の均一さに難アリ?

電子レンジの性質によっても
出来が違うのかな~?

ともあれ非常においしいのは確かなので、
豆乳NGの方は是非、
これにまめさん式メロンパン生地を
かぶせてみてくださいまし!




レーズン入り米食パン

ナオさんのサンヨーホームベーカリー使用、
レーズン入り米食パンレシピ
に挑戦してみました。

2007102201.jpg


けっこういい感じ・・・?


ほぼレシピどおり、なのですが若干アレンジ。

ナオさんは開始後10分でレーズンを投入、
出来上がりの40分前にメープルシュガーを
かけているわけなのですが、
私、チャレンジャーなもので、
さらに限界に挑戦しました。

レーズンを開始後15分で投入、
(攪拌は小麦ゼロコースの場合20分で終了)
メープルシュガーは出来上がりの50分前に。
(出来上がりの50分前から「焼き」が開始)

レーズン・・・を5分遅くしたのは
あんま意味ないかもしんないけど、
メープルシュガーは50分前だと、
まだHBが熱くなる前なので
火傷の危険性は少ないかも?と思いました。ハイ。
←味の違いじゃないのかよ!


また、レーズンは水でもどしてますか?
とナオさんに質問して
早々に返事をいただいたにもかかわらず
水でもどして、しかも小さく刻んで使用しました。

だ、だ、だって、
50gって書いてあるのに在庫が30gしかなかったんだもん!

増量してみせるために刻んでみました。ハイ。
刻むには水でもどした方がいいので
30gの水でもどし、もどしたあとの20gは
水の総量のなかに組み入れました。

残り10gはレーズンが吸ってるんだね~ってことで
水分は10gマイナスで計量しました。


なお、だいぶ寒くなってきましたので
今回は水も冷やさず、フタも開けずに焼いてみました。

この日の室温27度。

ミックス粉バージョン、ちょうどいい仕上がりになりました。

2007102202.jpg


かなり、うまい!です。




ちなみに、ゆきひかりバージョンなんかも
やってるんだよね。(←しつこい)

2007102203.jpg


粉の総量450gなのにこれしか高さないのはマズイだろ~!


季節が変わり、過発酵を防ぐための
「小麦ゼロコースで途中で一回ガス抜き戦法」は
たちまち通用しなくなってきた模様。

これからはむしろ、いかに発酵させるかが問題?

う~む。

さらに発酵時間の長い米粉コースや小麦コースでガス抜きか、
あるいは小麦ゼロコースでガス抜きなしが正解か。

またまた試行錯誤が続きそうな予感・・・


萩の月@まめさん式レンジケーキ

こんなのできました。

2007102102.jpg


なんか、ここ数日
便利グッズの紹介ばかりしているような(^ ^;

これ、間違って2つも買っちゃったんです。

2007102101.jpg


その名も電子レンジ用目玉焼くん

アレルギーっ子には一見縁のなさそうなグッズなのですが、
以前、しーばさんがこれでおいしそうなブッセを作っていた
のを覚えていたので、生協で見つけてすかさずゲット!

もちろん、恐ろしくて目玉焼きなんか作ってないんですけど、
これにこんなふうに

2007102103.jpg


まめさん式レンジケーキ」の生地を
丸みのある方に入れてフタをかぶせたら、
うちのレンジの場合は600Wで2分半チン!

見事な萩の月の出来上がり!

まめさんレシピのココアを
かぼちゃパウダーに替えて作ってみたのですが、
これ、パウダーなしで糖分ひかえめにしたら
プチハンバーガーもできそうよね。

ところでみなさん、萩の月って知ってます?


食の進まない子どものために母がやっていること 海苔巻編

まだ続くこのシリーズ

今日の朝食いきます。


2007102001.jpg


実は、ベネッセのボンメルシィ!っちゅ~
使えるようで使えない、
使えないようで使える雑誌をとっていたりします。

「メロンパン作りセット」とか
「手打ちうどん体験セット」とか、
小麦粉送ってくんなー!みたいな付録も多いところが
使えるようで使えないわけなのですが

この海苔巻みたいに、ちょこっとガキんちょを
喜ばせられるようなアイディアが載ってるのが
使えないようで使えるところ。

これも、付録についてきたのりまきメーカーで、
本に載ってたのを参考に作ってみました。

いっや~~

簡単そうに見えたけどけっこう手ごわかった。

特にかまぼこの電車(のつもり)の方、
ごはんが少ないだけにすぐバラけちゃってえらいこった!

正直、量産するのはかなりしんどい!

朝からよくこんなことを、って?

いえいえ、今日はようやく土曜日ですから♪
休みの日なので、少ない食材で工夫してみました。

食材不足な1週間も無事週末までたどりつき、
今日はバッチリ買い出しに行ってきたいと思います!





食の進まない子どものために母がやっていること 朝食編

食の進まない子どものために母がやっていること・・・

相変わらず好き嫌いの激しいぺっちなので、
livedoor時代に引き続き、このシリーズも続行中・・・

最近ではなっちまでかたいものや葉っぱ系を
嫌がったりなんかして、ますます苦戦中。

てなわけで、今日の朝ごはんね。




いんや~、昨日に引き続き食材がないっ!

ないんだけどさ、
週末にならないと買い物に行く暇すらないわけさ。


ジーザスクライスト!


やっぱね、使いすぎは禁物と思いながらも
ソーセージとかって買い置きできるから便利よね。

てなわけで、太めソーセージを輪切りにして
ソテーしてみたりなんかして。

生協で仕入れた海苔パッチンを使ってます。

2007101902.jpg


伊東家餃子 朝食編




今朝の朝ごはんは餃子。

ま、餃子といっても
中身はひき肉&玉ねぎ&しめじなので、
朝からニンニクのいいにおい♪
登園したらまわりはドン引き!
なんて心配はございません。

なぜ朝から餃子かといえば、
要は食材がひき肉以外なかったのよね~。

いつもながらの伊東家製法

米粉&片栗粉ブレンドを
肉団子に粉→水→粉→水→粉の順でまぶしつける・・・

むむ~~

休日の夕飯ならまだがんばりもするが、
朝からメンドー!メンドーすぎる!!!

前から思ってたんだけどさ、
この作る過程でちょびっと濡れちゃった指に
米粉がだんご状にかたまってくっついてくる!
あんまり指のだんごが大きくなると
作業にならなくなってくるので
洗い流したりなんかする、その手間が超メンドー!
なんとかならないのか、これ?

粉!→水!→粉!

もしかして、これだけでも充分じゃね?




ハイ。充分でした。




もっちり米粉、「粉→水→粉」だけでも
か・な~り餃子なこと判明。


朝から超メンドーな気がしたけど、

小学校に行って、
今日の給食はギョーザとかなった日には、
こんな朝が繰り返されるわけよね、

・・・と、このところいつも最後はこのオチだな~~(^ ^;


まねまね日記 ~キャラパン 仮面ライダー電王~

オレはか・な~り、うまい!!!
(桜井侑斗クン、回を重ねるごとにカッコいいっす

…てなわけで、

まめさんち
サトワカさんちのパンに触発されて、
久々にキャラパンやってみました。

2007101302.jpg


作り方としてはちょっとズルイとゆ~か、
今回はゆでておりませんです。ハイ。

配合はこんな感じ。

リ・ファリーヌ 135g
とうもろこし粉 15g
塩 2g
メイプルシロップ 5g
コダマ 豆乳の素
 小さじ2

温水 110g

白神こだま酵母ドライ 3g
温水 10g

菜種油 5g


とりあえずあった材料で作ったので、
とうもろこし粉ではなくコーンスターチでもいいし、
豆乳の素もなくてもいいと思います。

ふだんね、こねこね成形する時には
粉150gに対してだいたい水分110gなのですが、
今回はあえて水分120gいっちゃってます。
よって、かなりゆる~い生地になってます。

2007101303.jpg


というのもね、今回は成形する気なかったんだな。
成形の必要さえなければ、
水分はある程度多くした方が確実に食感がよくなる。

いつものマフィン型に入れて焼いてみました。

2007101305.jpg


顔のパーツ、実はこれサトワカさんの
とうもろこしクッキー生地
で作っています。

はじめにクッキー生地を作り、
冷蔵庫で寝かしている間にパン生地作り。

1次発酵の間にせっせとパーツを作ります。

2007101304.jpg


色がついてる方は紫いも粉が混ぜてあるのですが、
控えめに入れたので発色いまいちよね~。

で、焼く直前に生地のうえにのっけて
焼けばできあがり!なわけです。

いやね、パーツもちゃんとパン生地で作って
ゆでてから焼いて…ってのも考えたけどね、
これ、パーツ取れないようにゆでるの至難の業ですから!

ハイ。

最初からあきらめて姑息な手段に出ましたよ。




平日、家に帰ってから子どもを寝かしつけ、
夕食の片付けもそこそこにこんなものを作っている私…

なにやっとんじゃい!と思わず自分に突っこみましたが、
めずらしく朝食にパンが食べられて大満足♪

2007101301.jpg


ちなみに横にある食パンは、
サンヨーHB&指定のミックス粉使用のもの。

前述のコダマ豆乳の素を先日手に入れたので、
ナオさんのアレンジレシピ
で焼いてみました。


な、なんじゃこれ!


同じミックス粉使用でも、
やわらかさが全然違うので驚きました。

豆乳の素、すごい威力です。

せっかくなので電王パンの方にも
小さじ2ほど投入してみました。

なんとなく、いつもの米パンよりもふんわりしているような…

2007101306.jpg


豆乳って、豆乳のまんま入れると
妙にキシキシした食感になってしまうのですが、
この豆乳の素は違うみたい。

これ、かなり使えそうな予感がします。

なくても米パンは作れますが、
大豆セーフの方は試してみる価値あると思います。


それにしても…

平日の夜になにやっとんじゃい!とは思ったけれど、

小学校に行って代替を作るようになったら、
もしかしてこんな夜がずっと続くかもしれないってことなのよね。

ハァ~~~

やれるのか、私!?



おまけ1 あまったクッキー生地

2007101307.jpg



おまけ2 ぺっち的食べ方

2007101308.jpg


クッキー生地から先にむしりとって食べたぺっち。

むしった棒を上に立てて

「電王がウルトラマンになっちゃった!」



・・・おあとがよろしいようで。


サンヨーホームベーカリーがきた!

ようやく少しは食べれる出来になった…?

2007100402.jpg


前置き編を長々と書きまくった都合上、
本編に入らないわけにいかないよね~?
とは思うものの、


もぉ~~~玉砕しまくり!


やっぱ前置き編だけで打ち切りか!
と思いかけていたのですが
ここへきて少し光明が射してきたような…

2007100401.jpg


けっこう過発酵してるんですけどね、

今までこんなのとか見てきてるんでね、

2007100411.jpg


このくらいは及第点、という気がしますよ。


それに、ゆきひかりだと
過発酵しててもけっこうおいしいしね。





うん?




あ、そうです。

これ、サンヨーホームベーカリーくんご指定の
ミックス粉は使っていません。

ゆきひかり、サトワカ食パン配合
サンヨーホームベーカリーに
ぶちこんでみたあるネ。

追記を表示

続 食べられるようになりたいんだもん


食物アレルギーっ子界で物議(?)をかもしているこの番組…

みんな生きている 「食べられるようになりたい」 

たんぽぽさんのところをはじめとして、
みなさんいろいろ意見を書きこみされてますし、
私自身としては、賛否はいろいろあるでしょうが

彼女があれだけがんばっている姿を見ていると、
あまり批判的なことを言うのもしのびない
というのが本当のところなので、

この記事はあくまでも、
番組を見ての「わが家」的感想です。



最近ね、小学校のことばかり考えています。

だもので、この番組には非常に考えさせられました。



ぺっち、10月より
いよいよ給食で加熱の卵を解除にしました。


先日、スペイン風オムレツが給食に出ました。


3歳でこの保育園に転園して以来、
彼が給食で卵を口にするのははじめてのことです。


こちらも緊張して見てました!とは担任の先生の談。


帰途に聞いてみました。


「ぺっち~、今日の給食どうだった?」


答えるのが面倒だと、すぐに「わからない!」
と言ってごまかすぺっちなのですが、
この日はそう質問するとパッ、とこっちを向き


「今日ね、ぺっち卵食べられた!」


と、いかにも「びっくりしちゃった」という
表情で報告してくれました。


「へ~、そうなんだ。おいしかった?」






「ちょっと苦手だった」







え???(・o・)







…そうなんです。






先生いわく、一口食べてはみたものの
いまひとつ食が進まず、
時間をかけてようやく完食したとのこと。






ドキドキドキドキ…





なんかね、もう、内心ドキドキしちゃうわけですよ。





自宅ではいつも食卓に出すと真っ先に
卵焼きからパクッと食べちゃうぺっちなのにどうして?

喜んで完食するとばかり思ってたのに。

苦手だってどういうこと?

なんか、自分でもヤバイ感じがしたのかな?

やっぱり解除はまだ早かったのか!?


自宅での卵焼きやゆで卵は大好きで食べている
彼なので、単にこの日のオムレツが
いまいちだっただけなのだとは思うのですが…

園では毎日玄関に給食の見本をおいてくれるのですが、
見た目はスペイン風オムレツというよりは
野菜入り卵焼きというか…

スペイン風オムレツという
洒落た言葉の響きとは裏腹に実に素朴な感じの卵焼きで、
卵にかこつけてなんとか野菜を食べさせようぜ、
という制作者側の意図がひしひしと感じられる食品だった。

好き嫌いの多いぺっちだからさ、
きっと中味の野菜がいやだったんだよね。
うん、きっとそうに違いない。

しかも、みんなのオムレツはチーズ入りなのよね。
ぺっちのはチーズ抜きだから、
単に野菜が入ったってだけで
確かに味はイマイチなのかもしれないよ。

でもさ、考えてみたら
加熱で一個いけたっていってもさ、
お高いヨード卵光とかさ、
そういうのでしか試してないんだよね。
もしかして、12個いくらの庶民的(?)な卵も
試してからの方がよかったんじゃないか!?
いや、でも加工品も試してるわけだし、
まさかそこまで、ねえ…?



…と



解除はしてみたものの、
「苦手だった」という息子の言葉を深読みして
内心、右往左往してしまう母…




アレルギーっ子は、
口にした時に「ヤバイ」ものは自分でわかるものだ。
ゆえに、本人の好みは尊重した方がいい。



て、よく言いますよね。



なので、「苦手」とか言われるとね、
よっしゃ~と一大決心した卵解除なわけですけど、
一気にグラついてきちゃいますよ。



ぺっちの場合、これまで
卵も小麦もとにかく「食べてみたい」。



食べてみると「おいしい」。



そんな感じだったもので、


本人がおいしく食べられているからには大丈夫なのかな?

おいしく食べられているってことは
だんだんと寛解してるってことなのかな?


と、ついつい、いい方に考えてきたのですが

先日、夕飯にもうどんを食べたがった時に



「食べられるようになりたいんだもん」



という言葉を聞いて以来、ちょっと考えました。






本当に、これまで卵焼きやうどんはおいしかったのかな?

もしかして、「食べられるようになるために」

「おいしい」って思いこもうとしてるんじゃないかな?














…考えすぎ?






だよね~、単細胞ぺっちがそこまで考えてるわけないよね~
アーッハッハッハッハ、杞憂、杞憂!






でもね、




0歳からの保育園生活、
ず~っとみんなと同じものはダメと言われ続けてきたぺっち、



卵や牛乳に対する憧れって、ものすごくあるんだと思う。



本当はおいしくなくても、
食べられるようになるために


「おいしい」と言ってしまいかねないくらいに…。





で、ようやく冒頭の「みんな生きている」に戻るわけですが、
嫌いなものもなんとか完食して
家族と一緒に暮らせるようにってがんばってる彼女の姿がね、



「食べられるようになるために」
積極的に卵やうどんを欲しがるぺっちと重なったりしたわけですよ。



なんだかうまく書けないのですが…


子どもって、純粋なだけに、
ある切実な願いがそこにあると、
しなくてもいい無理もがんばってできてしまうものなのかもしれない。

やっぱさ~、批判的なことを言うのもしのびない
と言いつつもひとことだけ書いちゃうけどさ、
あんまり子どもに無理させちゃいけないよね。



解除は除去以上に難しい。




ゆっくり、進んでいけたらいいな。




最近ね、小学校のことばかり考えているのですが

今、給食で卵の解除に取り組み始めているぺっち、
もしかして万が一うまくいったなら、
小学校入学時には卵が解除になっているかもしれません。

まあ、あくまでも希望的観測、
その時になってみなきゃわかりませんが、
もしかしてうまくいったなら億が一、
入学までに小麦もある程度のところまでいっているかもしれません。


もしそうなったとしたら、どうなるんだろう?


よかったじゃない!おめでとう!


うん、そうだよね、
それをずっと望んでがんばってきたんだもんね。



でも待てよ、そんなに単純に喜んでいていいのかな?



もし解除になっていて、
医師ももう除去の指示書を書いてくれなかったとしたら、
この番組の女の子みたいに
これまでのアレルゲンも完食することが求められるのかな?


なんかね、そう思うと、
いっそのこと下手に解除にならない方が
いいんじゃないかと思えてきましたよ。


ある時を境に、一気に
食べられるようになるってものじゃないんだよね。

だんだんと、食べられる量が増えていくんだよね。

息子がゆっくりと進んでいけるよう、
この先に広がる道を地ならししていかなければと、
今、あらためて痛感しています。




Appendix

プロフィール

eri

Author: eri
アレルギーっ子の母やってます。
♥長男ぺっち♥
2002年12月生まれ
乳・小麦・卵にアレルギーあり。
検査数値のわりに
反応が強いタイプ。

♥長女なっち♥
2006年4月生まれ
アレルギー検査結果、
軒並みスコアゼロ!
このままアレルギーに
縁のない生活を送れるのか!?

最近の記事

ブログ内検索

 

YOU CAN RUN !!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。