Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

512cm

経口減感作と完全除去、

一見、真逆な二つの治療法が存在している

このことがかなりアレルギーっ子の治療方法を
混乱させる原因になっているように思います。

わが家も、二つの治療方法を行ったり来たりしながら
ここまできた、というのが実際のところです。

一見、対立するかに見える二つの方法ではありますが、
決して相容れない性格のものではないし、
片方が真で片方が偽であるというわけでもないと思います。

個々のアレルギーの症状、状況に応じて、
経口減感作が有効な場合もあれば
完全除去が有効な場合もある。

問題はその時点でどちらを選択するかの
見極めが非常に難しいし、

その非常に難しい選択を、
日々の生活で毎日患者の皮膚に触れているわけではない
医師の判断に委ねるというのは

相手がよほどの経験を積んだ医師でないかぎり
困難を要する場面が多い、ということなのだと思います。

5歳になり、以前ほどには
油や糖分などの摂りすぎに影響を受けることも少なくなり、
また検査結果の数値自体は低い息子ですので、

わが家では現在、少量ずつ様子を見ながらの
経口減感作療法を実践中です。
(数値が低いだけに、自宅で市販の食材を
利用しての経口減感作です。
これも「経口減感作」といっていいのかどうか
疑問に思う部分もないわけではないのですが、
「少量を毎日続けていく」ことによって
「食べられる」ようにするという考え方自体は
「ごくごく微量を医師の指示で慎重に増やしていく」という
本格的な経口減感作療法とちがいはないと思いますので
「経口減感作療法」と呼ばせていただこうと思います。)


ただ、そんなわが家も3歳くらいまでは
ずっと完全除去でしたし

即時に顔に反応が出ることの多かった息子にとっては、
3歳までの完全除去があってこそ
現在の経口減感作にこぎつけることが
できたのだという思いが強いので、

自分が経口減感作について
積極的に記事を書いていくことによって

「経口減感作が有効な状況」でない方が
それを試みて症状を悪化させることがあったり、

「アレルギーに関して客観的な立場にある方」が
そういう療法があることを知り、

「必要があって」完全除去を続けている方に対して


「神経質すぎるのではないか」

「完全除去を続けているから、
なかなか食べられるようにならないのではないか」

「少しずつ食べていったほうが
早く食べられるようになるんじゃないの?」


といった安直な誤解を
持ってしまうようなことがあってはならない
ということがつねに頭のなかにあり、

迷いながら、言葉を選びながら
書くように努めてきたというのが実際のところでした。

数日おきにコメントも受けつけながら更新、
というスタイルをやめてからしばらくたちますが


「試みた結果がどうなったのか」まで


書き残した方をほとんど見ることのない
経口減感作について、

結末はまだまだ見えないながらも

あとに続く方にとって
良きにつけ悪しきにつけ
なにかしらの参考になればとの思いをこめて、

息子の経過についてだけは
ご報告を続けていきたいと考えています。

追記を表示

スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

eri

Author: eri
アレルギーっ子の母やってます。
♥長男ぺっち♥
2002年12月生まれ
乳・小麦・卵にアレルギーあり。
検査数値のわりに
反応が強いタイプ。

♥長女なっち♥
2006年4月生まれ
アレルギー検査結果、
軒並みスコアゼロ!
このままアレルギーに
縁のない生活を送れるのか!?

最近の記事

ブログ内検索

 

YOU CAN RUN !!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。