Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THE お受験

さて今月は、というと
とりわけさしたる動きもなく・・・


うどん 530cm (乾燥うどん16.5本)


ほぼ変わりなし、
前回の反応のあと、量を戻して足踏み状態といったところ。

夏は汗をかいたあとの掻きこわしをのぞけば
わりといい状態で過ごせる息子。

保育園でのプールがはじまってからは
汗の影響も抑えられていますので
もう少し増やしてみようかな~
と思うのはやまやまなれど、

今月はお泊り保育など、精神的に影響のありそうな
イベントもありましたので足踏み状態で様子を見ました。


そう、お泊り保育あったのよね~!


息子のことをずっと見てくださっている
先生方と一緒なのでなにも心配していなかったというか・・・

ああそう、一晩いないのね、元気でね~というか、


いくらなんでももう少しマジメに考えろよ!
という感じでしたね、ええ、もうすんごいナマケ母でした。


昼食はお弁当だし、
夕飯はカレーだっていうし、
朝ごはんはおにぎりらしいし、
ま、保育園の先生が一緒なんだからOK、OK、
と思ってなにも考えていなかった母、

前日になってようやく、


そういえば、保湿剤必要じゃね?と気がつきました。


加えて、ふだんから持参している内服ステも
携行できるよう頼まなくちゃいけないんじゃね?


前日にお願いしたといういい加減さなのに、
快く引き受けて朝晩に保湿剤を
塗布してくれた先生に感謝です!


やはりお泊り保育とはいっても、
幼稚園児と違ってふだんから
11時間保育とかお願いしてますし、

うちの場合は給食で完全に
代替を提供していただいていて持ちこみは一切なし、

この園で3年以上お願いしていて
これまで事故はひとつもなし
(誤食、お友だちとの接触はあっても、
メニュー自体での失敗は一度もありませんでした)
という実績がありましたので、
お泊り保育とはいっても安心感がありました。

保育園としては、
最上級といってもいい対応のよさだと思います。

年齢が小さく、反応がもっと過敏だった頃には

「薬を預かれるか否か」
「医師の指示書の内容と親の話に齟齬がある」など、

保健師さんの慎重さゆえに
細かいやりとりに時間を割いたり、
といった苦労もありましたが

症状がある程度落ちつき、
トラブルも少なくなった今では、
あらためてご相談することもほとんどなくなってきました。


今回は園でのお泊りではなく、
電車とバスを乗り継いでいった先の
宿泊施設を利用してのお泊り保育でしたが、
調理は園の調理師さんと先生方&子どもたちで
行いますので、心配はなかろうと思っていました。


前日まで薬をお願いすることすら忘れていた母に引きかえ、
担任の先生は

「1日目にミルク工場を見学するかもしれないのですが、
ガラスごしに見るだけなら大丈夫でしょうか?」

「ぺっちくんがどう、ということではなく
時間的な理由で乳しぼりは予定に入れていないのですが、
牛の頭をなでるくらいはするかもしれません。
大丈夫でしょうか?」

などなど、細かく気を配ってくださいました。


これだけ考えてもらっているなら大丈夫だ!
大船に乗った気でLet's TRY!だよ。


そして大船に乗っかった母が
その夜どうしていたかといえば



同じクラスの園ママと飲み明かしていた!



いや~、久しぶりに飲んだ飲んだ!



い、いやね、卒園に向けた大事な話し合いがあったんですよ!
ええ、断じてただ単に遊び呆けていたわけではありませんよ!



お母さん方は、子どもがいないのをいいことに
はじけにはじけ、

ようやく「帰るかー!」となった時には
外はすでに明るかったのだった。




やべえ・・・。



朝の光がまぶしいぜ。





「ママと一回お別れできた!」

「ママ、ぼくがいなくてさみしかった?」



「うん!さみしくて全然眠れなかったよ!」


「全然?一回も?」


「うん!一回も!」



確かに一睡もしてないんだけどさー!



親から一晩はなれて過ごすということで、
子どもにとってはなかなか感慨深いものがあるよう・・・

カラオケに興じていて、
ほとんどキミのことを思い出すこともなかったよ、
というのは一生の秘密にしておこう・・・。



年長お泊り保育、
ナマケ母の本領発揮なご報告になりましたが、

ここまでナマケていても
みんなと一緒に過ごしてこられるところまで
きたことに感謝したいと思います。


あとから写真を見たところ、
子どもたちが自分で布団をバッサバッサと敷いていたりとか、

古びたじゅうたんの上に直に寝転がって
お昼寝していたりとか、

ダニ・ホコリ的にもヒヤヒヤな状況が多々ありましたが、
結果的に難なく過ごせたのは大きな自信になりました。


追記を表示

スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

eri

Author: eri
アレルギーっ子の母やってます。
♥長男ぺっち♥
2002年12月生まれ
乳・小麦・卵にアレルギーあり。
検査数値のわりに
反応が強いタイプ。

♥長女なっち♥
2006年4月生まれ
アレルギー検査結果、
軒並みスコアゼロ!
このままアレルギーに
縁のない生活を送れるのか!?

最近の記事

ブログ内検索

 

YOU CAN RUN !!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。