Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バレンタインデー

バレンタインデーにつき、
チョコレートケーキなど作ってみました。

チョコケ1

チョコレートケーキってほとんど初挑戦なのですが、
思いのほか大好評!

子どもたち、奪いあうようにして
ガツガツ食べまくっていました。

チョコケ2


確かに、親も一口食べて納得・・・。
大味な感はあるけれど、
某コージーコーナーくらいなら充分張り合えるかも!

やはり、白いケーキに比べると、
チョコを多用している分、
代替感があまり感じられないのかもしれません。

クリームに関してはいつもながらの
乳製品を使っていない豆乳入りホイップ」使用。

白いままだと、乳製品のクリームに比べて
すぐにダレてしまう豆乳クリームなわけですが、
チョコ入りだと、ホイップして冷蔵庫に少し入れると、
うっかり扱いづらくなるほどすぐに固くなるので、
白クリームよりもずっと作りやすい気がします。

味的にも、チョコの味が濃厚なので、
豆乳の生乳クリームに比べたあっさり感が
ほとんど感じられません。

チョコに関しては、チョコ自体も使いすぎが心配だし、
なによりも乳のコンタミが心配。
辻さんの元祖板チョコをわざわざ買うのも面倒だから
いいのいいの、白いケーキで。

そんなふうにして、ついついこれまでは
避けて通ってきたチョコケーキなのですが、
今回はもう、アレルギー食品ではない、
乳表示がないだけのふつうの板チョコを
溶かして使用しています。

いつも、たった2gしか食べられないなどと考えがちな
ヨーグルト負荷ではあるのですが、
コンタミを恐れず市販品に挑戦できるのは、
やはりその2gのおかげなんだよなあ、と改めて思ったりします。

なお、スポンジに関しては今回、卵使用です。

卵については、すでに卵白入りマヨネーズクリア、
茶碗蒸しクリア、ほぼアレルギーが
気にならない状態まできていますので、
最近ではお菓子やケーキにも積極的に使用しています。

やはり、4月からの小学校代替を考えるにあたり、
卵の力を借りられればずいぶんと助かりますので、

これまでは「食べられるとしても控えめに」、
と思ってきましたが、現在では、
「使えるものなら使っていこう」という方向に転換しつつあります。

乳製品は使わない卵と薄力粉のレシピを、
卵とリ・ブランにおきかえて作っています。

薄力粉使用のお菓子類だと、卵さえ使えれば、
米粉でもほぼ代替感のない仕上がりになりますね・・・。

たまにおそろしく失敗するのは、
米粉のせいではなくまちがいなく自分の腕のせいなのだろう(~ ~;
(卵使用レシピ、泡立てと混ぜのコツがなかなかつかめません!)


さて、今月の経過です


小麦 乾燥うどん21本(672cm)
牛乳 ヨーグルト2g


ハハハ(^ ^;

前回、白黒つけたいとか言っておきながら、
あまり進んでいませんね~~

今月は、保育園で発表会がありました。

昨年、発表会前後に肌状態が崩れ、
意外にもプレッシャーとか
感じるタイプなのねえ、キミ・・・と母を驚かせた息子。

今年になって、別にプレッシャーでも緊張でもなんでもない、
要は思うように遊べず、練習させられるのが
野性息子にはツライだけなのだと考え直しましたが、

練習のストレスで調子を崩すのは
充分に予想されましたので、今月の負荷は控え目。

ストレスだけでなく、早めの花粉(黄砂?)なんかも
影響ある気がするなあ・・・。

このところ、掻きこわして背中や膝裏がザラザラ。

でも、こんなのも、意外に食物じゃなくて
環境系からきているのかなあ、と

血液検査の結果を思い出すとそんな気もしてくるので、
食物のほうは、入学前にもう少し
意欲的に進めてみたいと思っています。


そう、入学のほうもいよいよ近くなってまいりました。

先日、小学校の保護者会に出向き、ショックだったこと。


・アレルギーっ子はほぼうちの子ひとりだけ
ほかに2人いるが、給食室の対応ですみそうなレベル。
お弁当持ち込みは息子だけの模様。
やっぱり入学までに、ほとんどの子は
食べられるようになるのかしらねえ・・・。


・4月初旬からお弁当開始
先輩ママ情報で給食開始は5月くらいと聞いていたのに
どうやらここ数年でどんどん開始が早まっている様子。
10日すぎには牛乳、パンなどが始まるらしい。
入学してからじっくり相談、では間に合わないかも・・・。



まあ、ショックと書いてはみたものの、
充分に予想されたことだわね・・・。
あとはやるっきゃないでしょう!


保護者会の終わりに、食物アレルギーのある方は
お残りくださいと言われ、集められてみたら
「お弁当対応」まで必要そうなのは
うちだけだったわけなのですが、

居残って給食室へ出向く際、同じ保育園のママたちが


「アレルギー対応どうなるの?」

「お弁当つくらなきゃいけないの、ひえーー!!!」

「ちゃんとやってくれるといいわね~」


などと声をかけてくれたのはうれしかったなあ・・・。

働きながら代替作りなんてできるのか!?
やっぱりお弁当持参の私立に、
なにがなんでももぐりこむべきだったのでは!?
なんて、いまさらながら悶々とすることもあったのですが、

やはり地元の公立小学校に進むおかげで、
こうして、息子のアレルギーについて
知ってくれているみんなが一緒なのは心強いよね~と、

ショックなことばかりでなく、
うれしいこともちゃんとあったりしたのでした。

医師の診断書をもらってから、
くわしい対応について相談することになる見込みです。



Appendix

プロフィール

eri

Author: eri
アレルギーっ子の母やってます。
♥長男ぺっち♥
2002年12月生まれ
乳・小麦・卵にアレルギーあり。
検査数値のわりに
反応が強いタイプ。

♥長女なっち♥
2006年4月生まれ
アレルギー検査結果、
軒並みスコアゼロ!
このままアレルギーに
縁のない生活を送れるのか!?

最近の記事

ブログ内検索

 

YOU CAN RUN !!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。