Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

登録完了しました!

お引越しお疲れ様です・・・。

かわいいディズニーのキャラクターたちのお写真が・・・。
うちの娘たちも大切に持ってる様子ですv-238
お仕事も復活されてお忙しいことと思いますが、又いろんな情報、楽しいお話聞かせてくださいね~v-266

保護者会緊張しませんでした?
私も先日給食の件で学校へ出向いてきました・・・。
がんばってきたつもりです・・・。

母は強し・・・がんばりましょうね~v-91

お疲れ様!

タイミングよく、新聞にも食アレの記事が載っているよね♪♪
すごいわ、バッチリよ!なんて分かりやすいの!!
読みながら、そうなのよー、そうそう!と
一人で突っ込み入れまくりです。
これで少しみんなに理解してもらえると良いですね。

そんな私は三月に英語教室でもれなく
撃沈してまいりました。
子供をいつまでも狭い世界に閉じ込めてはおけない
と言われて、ちょっと理解の壁の高さに
うまく言葉が見つからなかったわ。
別に閉じ込めてなんていないわよー!!
なんていうのか、相互理解って難しい。
  • 2007-04-12
  • 投稿者 : サトワカ
  • URL
  • 編集

わかりやすい!!

そっか~~、長文でもわかりやすい文章、すごいです!
アレルギー、その子によって違うのだから、
「うちの場合」を少し詳しく話すのも大事ですよね。

我が家も今日が懇談会で、
一応プリントを作っていきました。
単純ではあったけど、理解してもらうにはもうちょっと書いたほうがよかったかな~。
今回の反省を元に、次の機会はもうちょっと頑張ってみようと思います♪
今更だけど、幼稚園以外のオトモダチにもプリントは見てもらえるし!
  • 2007-04-12
  • 投稿者 : こむぎこ
  • URL
  • 編集

すごいですね。

治療方針までわかりやすく説明されていて
全くアレルギーに対して無知な人にも
わかりやすいと思いました。

深く話せばきりがないけれど、要点はきっちり伝わっていそうだし(^_-)
  • 2007-04-12
  • 投稿者 : にゃんたま
  • URL
  • 編集

長いコメントします

読んでて腑に落ちたところがたくさんあります。
うちはまだ幼稚園保育園は未経験ですが、自宅で毎週サークルを主催しています。
サークルやるのは子供のアレ発覚とほぼ同時だったのでいまさら引き下がることもできず、
とりあえず開き直って早い段階でアレルギーを告白。サークルの実権をにぎって、食べ物はうまくコントロールし、なんとか事故「少なく」やってきました。

「自分だけ食べられなくてもみんなと一緒にいたい、
一緒に楽しみたい、ということを
自分で納得して選べるような子に育てていきたい、」

↑ここ!ここです。
最近、食べれなくても友達と一緒にいることを選ぶようになったわが子。非アレのサークルの仲間もさりげなく全員でわけっ子できるお菓子をかってきてくれたり、ある意味アレルギーを通して、友人らも子供に相手を思いやることを教える風潮になってきた感じ。うちの子のハンデを通じて、お友達が思いやりある子に育つための貢献ができたとでもいいましょうか(非常にずうずうしい言い方で恥ずかしいのですが)。

アレっ子だからこそ、まわりを啓蒙できることっていっぱいあります。eriさんのお話で、ぺっちくんはじめアレルギー子だけでなく、非アレのお友達の学びとしても大切だったと思いますよ!

早速、お引越し先にお邪魔します♪
私もブログの更新にはかなりムラがありますが、これからもどうぞよろしくお願いします。
リンク先、こちらに変更させていただきました。

我が家はまだまだ未経験のことが多くて、先輩ママさんたちの経験談や考え方、とても参考になるし、何よりも私自身の心の支えにもなっています。
主治医といくら話してもピンとこないことも沢山あって、悩むことも多くて、むしろ、eriさん始めとする先輩ママの言葉の方がわかりやすかったりします。。。

またいろいろ教えてくださいね。
いつもありがとうございます♪
  • 2007-04-13
  • 投稿者 : ちかはや
  • URL
  • 編集

勉強になりました!

記事にしてくださってありがとうございます。
うちも懇談会が近々あるので、どうしようかなと思っていたところなんです。
まだ1歳児クラスなので、詳しい説明はしないでさらっと説明するつもりでいるのですが・・・
心構えのようなものができました!
ぺっちくんくらいになると、保育園以外でお友達と遊ぶ機会も増えるだろうし、
お友達の違いも気になるだろうし。
やはり話しておく必要ありますよね。

内容もすっごくわかりやすくてよかったと思います!
  • 2007-04-13
  • 投稿者 : わお
  • URL
  • 編集

tomoさんへ

そうなんです、これ、
ディズニーランドでいただくあれの写真なのです♪
給食の相談おつかれさまでした。
代替・・・大変ですよね~。
一山越えて、また一山・・・。
越えながら強くなっていくしかないですね~。
  • 2007-04-13
  • 投稿者 : eri
  • URL
  • 編集

サトワカさんへ

みんな、にわかってもらえるかどうかはわからない。
とりあえず、先生によりよく知ってもらうのを
念頭において考えましたよ~。
←それが一番大事!
狭い世界?なんじゃそりゃ!?
フツーの人には狭く感じられるかもしれないけど、
アレルギーっ子にとっては外の世界は地雷だらけ!
うかつに歩かせたりできないっつ~の!!!
自分で地雷を感知できるようになるまでは
親がナビゲートしながら進んでいくしかないよね・・・。
  • 2007-04-13
  • 投稿者 : eri
  • URL
  • 編集

こむぎこさんへ

こむぎこさんのプリントこそすごいよ~!
ちびまるこちゃんみたいでメッチャ可愛いし!
アレルギー、卵そのものや牛乳そのものでなければ
OK?と思われがちなので、
乳糖や小麦たんぱくレベルもダメってことは
アピールしておきたかったんだけど伝わったかな~?
あとは、付着でも症状が出ることもね。
同じ園でも、家庭によっては対処療法にしている
お子さんもいるみたいだったので、
ちょっと意識して完全除去の必要性なんかも
しゃべっておくことにしました。
ひとまずは第一歩、だよね。
こむぎこさんもおつかれさまでした!
  • 2007-04-13
  • 投稿者 : eri
  • URL
  • 編集

にゃんたまさんへ

>全くアレルギーに対して無知な人にもわかりやすい

そうかな~?
正直、自分自身はもう完全に
アレルギーおたく化してるので、
まったく知らないってことがどんなことなのか
想像することがもう難しくなってる・・・。
一度で完全にわかってもらうのではなく、
はじめの第一歩、と思ってがんばってまいりました!
  • 2007-04-13
  • 投稿者 : eri
  • URL
  • 編集

コフさんへ

すごいよ~!
サークル主催もすごいし、
TKくんが2歳なのにすでに「一緒にいること」を
選べるっていうのがなんてったってすごいよ~!
やっぱりさ、現実から目をそらしちゃいけないっていうか・・・
自分だけは食べられないつらさっていうのを
果敢に乗り越えていけるようになってほしいんだよね。
同時に、まわりの人たちにも
息子だけ食べられなくてヤバッ、
っていう気まずさから目をそらさずに、
正面から向き合ってもらえるとうれしいな、と。
大人だって難しいことに、子どもがどう対処していくのか
心配はつきないけれど、きっと、このハンデを糧に
度量のでっかい子になってくれると信じてる!
  • 2007-04-13
  • 投稿者 : eri
  • URL
  • 編集

うわ~ん!

eriさん、ステキな記事をどうもありがとうございます。
園に対して、自分が何を伝えればいいのか、まとめられなくて自信喪失気味のところに
一本の光が差し込みました。
そう、そうなんですよ、解除の話もどういう説明が必要なのか、とか
治療としての完全除去、親の思いなど
盛りだくさんで、私も伝えたいことがたくさん書かれてて、
感激しました。

私のように気ばかり焦って実行できない人には
この記事は非常に参考になり、そして救われました。
私もがんばります!eriさんありがとうございます!

こんにちは すっかり出遅れてしまいましたが
感動です 素敵です
そうなの 連休明けに クラスの懇談会もある
そろそろ入学のことも考えないといけない
いろいろある中で いつもすっきりしなかった言葉 これだ~ってわかりました

>自分だけ食べられなくてもみんなと一緒にいたい、
一緒に楽しみたい、ということを
自分で納得して選べるような子に育てていきたい、
アレルギーがあることによって
行動の幅を自ら狭めてしまうような子には
なって欲しくない、それが親としての願いです。

そう これだ~
ごめん 涙線切れそうだよ
同じものを 食べることよりも もっと楽しく大切な時間
その機会を 狭めてあげたくはない そして自分を受け入れてほしい
もう感動です
そして とてもわかりやすくて いい♪
私も去年原稿作ってお話しましたが 下向くと涙がこぼれそうで カンペ見れずに お話しました
今年は もうちょっと 落ち着いてお話できたらいいな~って思います
  • 2007-04-13
  • 投稿者 : 祐たんママ
  • URL
  • 編集

>『自分だけ食べられなくてもみんなと一緒にいたい、 一緒に楽しみたい』

こうやって子供達は頑張っているんだよね、
でもこれは子供達の表向きの顔です。
つい最近ワタシはムスコの本音を聞き、落込み、
ママ友の前で泣いてしまいました。
ちょっと立ち直るのに時間はかかりそうです、
ブログも休もうかと・・・
子供の心の成長、5歳で年長になったムスコ、
急に心の成長が現れました、いつかこんな日が来ても
対処出来ると思っていたけど、出来ない自分が情けないです。
それでも精一杯笑顔でいなくていけない事に疲れてしまった・・・

お引越しされたんですね~

お久しぶりです!
とてもわかりやすくて心に響く説明ですね。
親としての願い、私も同感です。
集団生活に入るといろいろ問題もおきてきますが
息子には食アレを受け入れて欲しいし、それをハンデとすることなく成長して欲しい。
娘(食アレ無)には、優しさを学んで欲しい、と思っています。

保護者だけでなく先生方も改めてeriさんのお話を聞かれたことで
理解がより一層深まるといいですね。
  • 2007-04-14
  • 投稿者 : いくら
  • URL
  • 編集

ちかはやさんへ

私も医師とはまるで心が通じ合わないんですけど~(^ ^;
やっぱさ~、毎日食事を作る母でないと
わからない苦悩ってのがあるよね~。
うちは添加物なし、和食中心の保育園だった頃は
あまり感じなかった問題が、今のフツーの
園に移ってからいろいろ浮上してきたような感じ。
子どもが広い世界に出ていくにつれ、いやでも
いろいろ乗り越えていかなきゃならなくなるんですよね~。
  • 2007-04-14
  • 投稿者 : eri
  • URL
  • 編集

参考にさせてもらいます

うち、来年幼稚園入園で、来月から一番近い幼稚園の未就園児教室行く予定です。今、eriさんところもだけど、タケ師匠、こむぎこさんのところでも園(学校)での説明方法が記事になっていて、ホント助かります!
バンバンパクらせて参考にさせてもらいますね~♪
わが子、3ヶ月後半から除去生活なので、普通の生活でどの程度症状がでるのか不明なところが歯がゆいです。幼稚園入園前に負荷入院させたいってのが正直な気持ちです。
ただね、療育で母子分離のときに、通所の子どもに噛まれて、遅延で皮膚炎&蕁麻疹出たのよね~そのときはやばいもの食べさせてないから、ストレスか唾液に反応しか考えられないの。
噛みつかれ注意って、三年保育は無理かなぁ・・・
  • 2007-04-15
  • 投稿者 : ゆうこりん
  • URL
  • 編集

こんにちは。

お引越しされたのですね★
なかなかコメント残せないのですが、いつも必ずチェックしてます♪

アレッ子ママの四月は何かと下準備か大変ですよね。
私もアレルギーのこと書いたプリント持参が定番になりました。
私、緊張すると声が震えるのでプリント配ったのですが、お母様方には頭にのこっていい!とおもいのほか好評でした。
でもこれだけの文章をみんなに説明するなんてeriさんスゴイよ!
私だったら汗だくで・・・きっとみんなは私の汗に注目して肝心な内容聞いてもらえなさそう。。。お疲れさまでした。
  • 2007-04-15
  • 投稿者 : koma
  • URL
  • 編集

わおさんへ

基本が引っ込み思案で面倒くさがりなもので、
これまではついついちゃんと説明せずにきちゃったんですよね~。
でも、年少ともなるといろんな機会が増えてきて…
ほかのお母さん方も、いきなり「スミマセン、食べられないんで」
となると面食らっちゃうようだったので
まとめて一気に説明しちまえ!ということで
話す時間をいただくことにしました。
これでこれからはペットボトルのお茶の原材料を
チェックしまくっていても不審がられずにすむかな~?
  • 2007-04-15
  • 投稿者 : eri
  • URL
  • 編集

まめさんへ

園に伝えるの、難しいよね~。
保護者はいいのよ。
少しでもわかってもらえれば、が前提だから。
でも、園にはできるだけ理解してもらわないと
毎日の生活に影響してきちゃうもんね~。
やっぱ、話しても話しても、いくらかのスレ違いが生じるわけで。
付着でも反応、とか、完全除去の必要性とか、
保護者のみなさん、というよりもかなり対先生を意識して考えましたヨ。
でもまた担任変わってしまった!
がんばってまた土俵あがってきます!どすこい!
  • 2007-04-15
  • 投稿者 : eri
  • URL
  • 編集

祐たんママさんへ

そう、これよ!これなのよ!
でも、これが一番難しいんだよね…。
年中になるしさ、いろいろわかってくるし、
子どもも日々いろんな葛藤があるんだろうな・・・。
祐たん、みんなと一緒に座れて本当によかったよね!
でも、それでものすごく喜んでる姿が
親にしてみるとちょっぴり切ないよね。
うちは最近卵の解除してるんだけど、そうすると
「ぺっち、もう卵は食べられるようになった!」
ってすごくうれしそうなんだよね。
「でも、ちゃんと焼かないとダメだし、食べ過ぎてもダメだよ!」
って言いながら、やっぱりちょっぴり切ない。
きっと、毎日自分だけ違う代替を食べながら、
いろんなこと感じているんだよね…。
まっすぐ育てよ!
強く育てよ!
うしろから、一生懸命叫ぶっきゃないのよね~。
  • 2007-04-15
  • 投稿者 : eri
  • URL
  • 編集

ナオさんへ

精一杯ムスコさんと向き合おうとするナオさん、尊敬します。
私はどうだったろう?
少なくとも、精一杯笑顔ではなかったような。
だいたい息子より先に私の方が泣いちゃうしね~。
「なんで食べられないんだよーっ」
パックンチョの時、泣きわめく私を見て息子はキョトンとしてた。
給食で毎日代替の息子にとっては、
きっと、パックンチョくらいは、もうたいしてショックじゃなかったのかも。
「自分だけ食べられなくても」ってキツイよね。
妊娠中からの除去でつくづく思ったけど、
「私食べられないけど気にしないでね~♪」
って、口では言うけど全然笑えませんから!
内心では「こんちくしょ~!もっと気を使いやがれ!」と毒づいている!
食いものの恨みはおそろしいのだ!
この年でもわりきれないことが、4歳の子どもにどうしてわりきれるだろう?
私はいままで凹んだ時は、必ずブログに救われてきたような気がします。
やはり、こればかりは「アレッ子育てている人にしか 」わからないし、
経験者にとってみれば、「みんな通る道なのよ」ってことなわけで、
「みんな通る」って聞いて、「みんなツライ」てわかると
すごく心が軽くなるんだよね。
いつも精一杯なナオさん。
精一杯で、みんなを励ましてくれるナオさん。
凹んだ時は、たまにはみんなに頼ってもいいんじゃないかな?
その気になったらいつでも吐き出しにきてくださいね。
  • 2007-04-15
  • 投稿者 : eri
  • URL
  • 編集

いくらさんへ

いや~、口ではこんなふうに言ってるんですけどね。
実際「食べられない」状況を目の当たりにすると
全然心穏やかじゃないのが本当のところですよ~。
自分も除去していて心底思ったけど、
「自分だけ食べられない」のってクーーッ!って感じよね~。
息子を見ていると、毎日代替を食べているだけあって、
そういう点では私なんかよりもずっと強いな、と思ったりします…。
ツライですが、やはり打たれた分だけは確実に強くなりますね。
  • 2007-04-15
  • 投稿者 : eri
  • URL
  • 編集

ゆうこりん様

母子分離で、ってことは噛んだ子の口の中に
アウトな成分が残留してた、のかな?
心配はあるけれど、人手に預けることで
絶対母親自身に余裕も生まれるし、
母親以外の目から子どもを見てもらうことで
得られるものってきっとあるに違いない、
と4ヶ月で預けちゃった私は思います。
うちは、3歳くらいまではやっぱり接触?
と思われる反応もけっこうありました。
「赤ちゃ~~ん!」
と言ってほっぺをスリスリしてくれる子どもの手が、
きっとアウト菓子を食べた直後だったりするんだよね…。
アレルギー的には不安のつきない園デビューだけど、
除去を理解してくれる園があるのなら、
絶対預けてみたら「イイコト」あると思う!
  • 2007-04-15
  • 投稿者 : eri
  • URL
  • 編集

komaさんへ

キャ~~!
コメントありがとうございます!
私こそ、いつもチェックさせていただいております♪
こむぎこさんちとか、komaさんちとか、
お洒落すぎる記事の時にはついつい遠慮して書きこめない
小心者の私であります。ブライス最高!
マジでハンコ、やってみたいんですけど。
夫が鉄道模型趣味なので、ケシゴム以外は
道具揃ってるんだよね…。
保護者会、なにがすごいって、話してる間中、
おとな~しく後ろでひとり遊びしていたなっちがすごいっす!
兄のためによくがんばってくれた!
牛乳は飲んじゃうしさ~、なっち、あんたはすごいよ!
  • 2007-04-15
  • 投稿者 : eri
  • URL
  • 編集

はじめまして

4月から卵アレルギーのムスメが幼稚園行き始めました。
今日から給食です。
献立見ながら、給食OKなときは給食で、と考えています。
タケさんに教えていただいて、お邪魔しました!
保護者の方々に『アレルギー』についてはお話したいと思っていたので、すごく参考になりました。実は今から緊張していて、泣きそうです^^;
うまくいくといいな。
それでは、また。
  • 2007-04-16
  • 投稿者 : ぼにゃはは
  • URL
  • 編集

お引越ししたのですね!
お疲れ様です。
園でのお話も、お疲れ様でした!

凄い!下書きしてるんですね~
うちは幼稚園時代はお弁当の園だったので、自己紹介の時に軽く話をしてたけど、今回、学校での自己紹介のときは、初めて、アナフィラキシーの可能性のあるアレルギーの話をしました。と言っても自己紹介で話す程度ですけど、これでも、結構疲れました><

正直、他のお母さんの反応も気になるけど、やはり、息子の為にこれだけは言っておかなければ!と言う気持ちで言いました。
みなの前で話すのって、疲れますね^^;毎年、この時期は、疲れます><

炊飯器ケーキも美味しそう♪
なっちちゃん、1歳おめでとうございます!
  • 2007-04-17
  • 投稿者 : アン カフェ
  • URL
  • 編集

ぼにゃははさんへ

コメントありがとうございます!
入園式おつかれさまでした。
アレルギーの子を外の世界に出すのって
不安もつきないけれど、きっと、たくさん楽しいことあるはず!
(ちびなちゃん制服姿かわいいーー!)
保護者の方への説明、うまくいくといいですね。
かくいう私はズボラこいていて、2年目の終わりに
ようやく↑の説明をしたのでした(^ ^;
なかなかこちらから働きかけないと
話す機会ってないんですよね~。
でも、年中ともなると子ども同士の話題でも
アレルギーのことが出てきたりするようなので、
知っておいてもらう必要がある、と思ってやる気出しました。
なかなかレスも訪問も難しいこの頃なのですが
今後ともよろしくお願いします。
ぼにゃははさんちにも遊びにいきますね~!
  • 2007-04-17
  • 投稿者 : eri
  • URL
  • 編集

はじめましてかなぁ~?

はじめまして。
サトワカさん、タケさんetc.etc.の記事&コメ等ではじめまして感があまりないのですが、はじめましてですよね。
「自己紹介にかえて」とってもうなずきながら読みました。
同じようなことを毎年毎年、年度始めに担任に伝え早、中1。
今年も懇談の時間をとってもらうようにお願いしました。
毎年、給食が始まるまでに行かなければならなかったのですが、
お弁当の学校を選択したのと子供の学年が上がったことで今年は比較的ゆっくりです。
(重なる卒業式・入学式等々で仕事休みすぎなので懇談会と一緒に・・・との思惑もありますが)
成長してほぼ解除の同年齢が多い中、2次製品ですら微量混入でもアレ症状がでる娘の様子をどう話そうかなぁと
思っていたところ上手にまとめられている文章を読んで勇気づけられましたよ。ありがとう!
こんな風に幼少の頃話せたらもっと世界が違ったかもとも思う私もいます。
食物アレルギーという概念がなかったもので・・・
↓なっちちゃんにはアレルギーがないかもしれないという記事も読んで激しく同感。
3つ違いの上には食アレは出ていません。同じ親から生まれても違うんですよね。
早くからしっかり除去に取り組んできたぺっちくんの解除が順調に進むことを願ってます。
  • 2007-04-17
  • 投稿者 : ハナママ
  • URL
  • 編集

アン カフェさんへ

自己紹介のこと、給食のこと、本当におつかれさまです。
ふ~~、小学校大変そうだーっ!
まだまだうちなんか序の口ですね。
この先、もっと高いハードルが待っているのね~。
ホント、息子のためにこれだけは…の一念ですよね。
話すだけでも疲れるのに、ちゃんとわかってもらわなくちゃ困る!
と思うからよけいに疲れる。
本当におつかれさまでした。
うちもがんばります!
  • 2007-04-18
  • 投稿者 : eri
  • URL
  • 編集

ハナママさんへ

コメントありがとうございます!!!
私もまるではじめて感がありません!
先輩のことは昔から存じ上げております~~!
2次製品、微量混入、このあたりって
理解してもらうの、難しいですよね。
小麦たんぱくとか、乳糖とかいう単語も織りこみつつ、
なんとかそのへんも伝わるといいな~
というのは私もかなり思案のしどころでした。
でも、やはりフツーの人にはなかなかわからないですよね。
せめて先生だけでも理解を深めてくれているといいのですが。
なっち、本当になにも出ないんですよ…。
とはいえ、そのせいで今、牛乳を一日100ccも
飲まされているので、あとからなにか出てくるんじゃないか、
と激しく不安です…。
やっぱ、多少はアレルギー体質、遺伝しているんだろうし~。
コメント恐縮です。
マジでうれしいです。
今後ともよろしくお願いいたします!
  • 2007-04-18
  • 投稿者 : eri
  • URL
  • 編集

難しいね。

何度も頷きながらよませてもらっています。

うちも火曜に保護者会です。
初めて会うお母さんは数人で、アレルギーっ子が5人いるクラスで、
何を話すべきか、かなり悩んでいます。
この間もクラスのアレルギーっ子仲間のお母さんから、気にしないでお友達が誘ってくれるのはいいけど、
全く配慮なく、遊んでいる間ずっと、
親も子もお菓子にケーキなど、
次々食べられないものを出して食べ続けていて、
さすがに子どもが泣き出してしまったのという話を聞いたばかり…。
(ごめんね!自分のとこに書けないこと書いちゃって…、うちは書けないような話もあるのよね)

私もカンペを作るべきなんだろうけど、読むのが苦手なの…(^_^;)
持って行っても、きっと違うことを話しちゃうんだろうなぁ…。
  • 2007-04-21
  • 投稿者 : たんぽぽ
  • URL
  • 編集

たんぽぽさんへ

そうなんですよね~(~ ~;
口では隔てなく誘ってください、というものの
誘うからには多少配慮してくれ~!
っていうのが本音ですよね…。
やっぱ、口では「気にしないでください」と言いながら
ハンカチ取り出してウウッ、と泣いてみせるしかない!?
違うことを話せる、のがすごいです!
私、即興は絶対無理だ~~っ!
ほかにもアレルギーっ子がいる、というのも難しいですね。
うちの園もほかに対処療法でやっているご家庭もあるようなので、
「うちの場合はそれではダメなんです」というのは
意識して伝えるようにしました。
話したあとに、先生いわく
「お母さん、がんばってらっしゃるから」
「それでいいの?って思うおうちもありますからね~」
ほめられて恐縮です、と思えればいいんだけど、なぜか
「お母さん、ちょっと神経質すぎるのでは?」
って思われてるのかな、と深読みしちゃったりしてね…
いかんいかん、言葉どおりに受け取っておこう!




  • 2007-04-21
  • 投稿者 : eri
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://youcanrun.blog59.fc2.com/tb.php/4-8c619402
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

自己紹介にかえて・・・

ご存知の方はご存知かと思うのですが、
息子の食物アレルギーにつきまして、
まだ同じクラスのみなさんに
きちんとお話したことがなかったもので、
貴重なお時間をいただき恐縮なのですが、
少しお話しさせていただきたいと思います。

息子には食物アレルギーがあり、
現在、乳製品、小麦、卵について
除去を行って生活しています。

アレルギーの度合いとしては、
今のところ、卵については体調しだいで
全卵の1/2から1/8くらいを
週に2~3回食べるようにしながら
徐々に解除していく段階にあります。

小麦に関してはもう少し手強くて
現在は国産のうどんを毎日4cmずつ食べながら
徐々に長さを増やせるよう様子を見ている状態です。
薄力粉よりは強力粉の方が反応が強く出ますので
パンなどはまったく食べられない状態ですし、
ウィンナーやかまぼこ、といった加工食品に入っている
小麦たんぱくでも反応が出ますので、
そういったものは摂取しないようにしています。

それから乳製品ですが、
一番反応が強いのがこれでして、
少し前に、父親と出かけた時に
カフェラテのミルクの部分が
息子の顔に数滴かかってしまう
ということがあったのですが、
数滴付着しただけで、
かかった部分と喉のあたりが腫れあがる、
という症状が出ました。
土曜日のことで、そのあと症状が急変しても
医者が開いていませんので、
その時はふだんから処方してもらっている
内服のステロイド薬を服用して事なきを得ました。

息子の場合、いわゆるアナフィラキシーショック、
強いアレルギー症状が起きて救急治療を要する、
といったことは今までなかったのですが、
今までなかった、というのは
ふだん園の方で先生方がいつも気を配ってくださり、
事故がないよう注意してくださっている賜物であって、
乳製品に関してだけは、もしかしてなんらかの事故で
大量に摂取、あるいは付着、吸入することがあれば
そういったこともありえないとは言いきれない、
というのが実際のところだと思います。

そのような状況なので、乳製品に関しては、
牛乳をはじめとして、バター、チーズ、ヨーグルトなどの
いわゆる乳製品はもちろん、
たとえば乳糖、というのはふりかけやら、漬物やら
思いもかけないものに入っていますので、
微量にでも乳成分が使われていれば、食べることはできません。

一応、これはわかりやすいかな、と思って
コピーを持ってきたのですが・・・
(「アレルギーっ子の生活百科」P.55の
「アレルギーが起こる原因についての図解」を
コピーして配布する)

アレルギーっ子の生活百科―環境汚染からみたアレルギーとのつきあい方 アレルギーっ子の生活百科―環境汚染からみたアレルギーとのつきあい方
角田 和彦 (2001/12)
近代出版

この商品の詳細を見る


食物アレルギー、といってもその度合いは人それぞれです。
なにもそこまで除去しなくても、といいますか・・・
乳はともかくとして、卵くらいの反応なら、
食べて反応が出たら、ステロイド剤でとりあえず対処療法で
治せばその方が楽なのでは、というのもひとつの考え方です。

ただ、こちらの図を見ていただくとなんとなく
わかっていただけるかと思うのですが、
食物アレルギーというのは、
アレルゲンを摂取すればするだけ
アレルゲンに対する拒否反応が強くなってしまいます。
成人であればまったく摂取しない、というのも
なかなか難しくなってきますので
薬とうまく付き合いながら、
というのもひとつの方法ではあるかと思うのですが、
幼児のうちは、体もまだ成長の過程にありますので、
完全除去をして体がアレルゲンを排除しようとする記憶を
忘れてくれるのを待ちつつ、同時に成長により
アレルゲンを許容できる範囲が広がっていくのを期待して、
うちでは完全除去、という方法で治療を試みています。

実際、息子を今見ていただいたかぎりでは
あまりアレルギー、いわゆるアトピーという
感じがしないと思うのですが、
1歳ちょっとまでは本当にひどい肌状態で、
顔などは肌のある部分があるところの方が
少ないというくらいに悲惨な状況でした。
食べました、ステロイドを塗りました、
くらいでおさまる程度なら
対処療法でもよかったのでしょうが、
塗っても塗っても先が見えない、
というくらい酷かったもので
除去する道を選んでここまできた、
というのが本当のところかもしれません。

今日、わざわざお時間をいただいて
こういうお話をさせていただいたのは
息子にはこういった食事における
大きなハンデがありますので
食べものがからむ計画にはどうか誘わないでください、
ということでは決してありません。
むしろ、これから子ども達同士でお菓子を食べながら遊ぶ、
などという場面も増えてくる年齢になると思うのですが、
食べものの食べられる、食べられないにかかわらず、
どうかあまり気にかけず、さらっと流しつつお付き合いを
お願いできれば、と思ってお話しさせていただきました。

息子だけ食べられない、という場面を見ますと、
親はもちろんなんですけれども、
あ、かわいそう、いっそ参加しない方がよかったのでは・・・
と考えがちなのですが、
食物アレルギーについては、これはもう本人も
自分自身の一部として受け入れていかざるを得ない体質です。
食べられないから、傷つかないように参加しない、
ということではなく、
自分だけ食べられなくてもみんなと一緒にいたい、
一緒に楽しみたい、ということを
自分で納得して選べるような子に育てていきたい、
アレルギーがあることによって
行動の幅を自ら狭めてしまうような子には
なって欲しくない、それが親としての願いです。

ずっと、給食の方で毎日よくしていただいて、
代替のものを食べている息子ですが、
年齢的にも、息子だけどうして違うメニューなのか、
という疑問がお子さんの口から出ることもあるかもしれません。
その時には、息子にはこういったアレルギーがあるのだ、
ということを是非説明していただければと思います。

長々と申しわけありません。
そんな事情ですので、今後いろいろご迷惑をかけることや
お気遣いいただくことがあるかもしれませんが、
なにとぞご理解のほどよろしくお願い申し上げます。




先日、保育園の保護者会の席で、
息子のアレルギーについてお話しました。

ぶっつけ本番はまるっきり自信がないので
一字一句カンペを作ってのぞみました(^ ^;

こんな内容でよかったのかな~?

けれど、考えてみれば、
お世話になっている先生方にも、
アレルギーの度合いと解除の現状について
あらためて話すことってなかったので、
まあいい機会ではあったかな。

新居での自己紹介と、
新年度、新しい環境でがんばっている
アレルギーっ子たちへのエールにかえて
恥ずかしながら記事にしてみた次第です。



34件のコメント

登録完了しました!

お引越しお疲れ様です・・・。

かわいいディズニーのキャラクターたちのお写真が・・・。
うちの娘たちも大切に持ってる様子ですv-238
お仕事も復活されてお忙しいことと思いますが、又いろんな情報、楽しいお話聞かせてくださいね~v-266

保護者会緊張しませんでした?
私も先日給食の件で学校へ出向いてきました・・・。
がんばってきたつもりです・・・。

母は強し・・・がんばりましょうね~v-91

お疲れ様!

タイミングよく、新聞にも食アレの記事が載っているよね♪♪
すごいわ、バッチリよ!なんて分かりやすいの!!
読みながら、そうなのよー、そうそう!と
一人で突っ込み入れまくりです。
これで少しみんなに理解してもらえると良いですね。

そんな私は三月に英語教室でもれなく
撃沈してまいりました。
子供をいつまでも狭い世界に閉じ込めてはおけない
と言われて、ちょっと理解の壁の高さに
うまく言葉が見つからなかったわ。
別に閉じ込めてなんていないわよー!!
なんていうのか、相互理解って難しい。
  • 2007-04-12
  • 投稿者 : サトワカ
  • URL
  • 編集

わかりやすい!!

そっか~~、長文でもわかりやすい文章、すごいです!
アレルギー、その子によって違うのだから、
「うちの場合」を少し詳しく話すのも大事ですよね。

我が家も今日が懇談会で、
一応プリントを作っていきました。
単純ではあったけど、理解してもらうにはもうちょっと書いたほうがよかったかな~。
今回の反省を元に、次の機会はもうちょっと頑張ってみようと思います♪
今更だけど、幼稚園以外のオトモダチにもプリントは見てもらえるし!
  • 2007-04-12
  • 投稿者 : こむぎこ
  • URL
  • 編集

すごいですね。

治療方針までわかりやすく説明されていて
全くアレルギーに対して無知な人にも
わかりやすいと思いました。

深く話せばきりがないけれど、要点はきっちり伝わっていそうだし(^_-)
  • 2007-04-12
  • 投稿者 : にゃんたま
  • URL
  • 編集

長いコメントします

読んでて腑に落ちたところがたくさんあります。
うちはまだ幼稚園保育園は未経験ですが、自宅で毎週サークルを主催しています。
サークルやるのは子供のアレ発覚とほぼ同時だったのでいまさら引き下がることもできず、
とりあえず開き直って早い段階でアレルギーを告白。サークルの実権をにぎって、食べ物はうまくコントロールし、なんとか事故「少なく」やってきました。

「自分だけ食べられなくてもみんなと一緒にいたい、
一緒に楽しみたい、ということを
自分で納得して選べるような子に育てていきたい、」

↑ここ!ここです。
最近、食べれなくても友達と一緒にいることを選ぶようになったわが子。非アレのサークルの仲間もさりげなく全員でわけっ子できるお菓子をかってきてくれたり、ある意味アレルギーを通して、友人らも子供に相手を思いやることを教える風潮になってきた感じ。うちの子のハンデを通じて、お友達が思いやりある子に育つための貢献ができたとでもいいましょうか(非常にずうずうしい言い方で恥ずかしいのですが)。

アレっ子だからこそ、まわりを啓蒙できることっていっぱいあります。eriさんのお話で、ぺっちくんはじめアレルギー子だけでなく、非アレのお友達の学びとしても大切だったと思いますよ!

早速、お引越し先にお邪魔します♪
私もブログの更新にはかなりムラがありますが、これからもどうぞよろしくお願いします。
リンク先、こちらに変更させていただきました。

我が家はまだまだ未経験のことが多くて、先輩ママさんたちの経験談や考え方、とても参考になるし、何よりも私自身の心の支えにもなっています。
主治医といくら話してもピンとこないことも沢山あって、悩むことも多くて、むしろ、eriさん始めとする先輩ママの言葉の方がわかりやすかったりします。。。

またいろいろ教えてくださいね。
いつもありがとうございます♪
  • 2007-04-13
  • 投稿者 : ちかはや
  • URL
  • 編集

勉強になりました!

記事にしてくださってありがとうございます。
うちも懇談会が近々あるので、どうしようかなと思っていたところなんです。
まだ1歳児クラスなので、詳しい説明はしないでさらっと説明するつもりでいるのですが・・・
心構えのようなものができました!
ぺっちくんくらいになると、保育園以外でお友達と遊ぶ機会も増えるだろうし、
お友達の違いも気になるだろうし。
やはり話しておく必要ありますよね。

内容もすっごくわかりやすくてよかったと思います!
  • 2007-04-13
  • 投稿者 : わお
  • URL
  • 編集

tomoさんへ

そうなんです、これ、
ディズニーランドでいただくあれの写真なのです♪
給食の相談おつかれさまでした。
代替・・・大変ですよね~。
一山越えて、また一山・・・。
越えながら強くなっていくしかないですね~。
  • 2007-04-13
  • 投稿者 : eri
  • URL
  • 編集

サトワカさんへ

みんな、にわかってもらえるかどうかはわからない。
とりあえず、先生によりよく知ってもらうのを
念頭において考えましたよ~。
←それが一番大事!
狭い世界?なんじゃそりゃ!?
フツーの人には狭く感じられるかもしれないけど、
アレルギーっ子にとっては外の世界は地雷だらけ!
うかつに歩かせたりできないっつ~の!!!
自分で地雷を感知できるようになるまでは
親がナビゲートしながら進んでいくしかないよね・・・。
  • 2007-04-13
  • 投稿者 : eri
  • URL
  • 編集

こむぎこさんへ

こむぎこさんのプリントこそすごいよ~!
ちびまるこちゃんみたいでメッチャ可愛いし!
アレルギー、卵そのものや牛乳そのものでなければ
OK?と思われがちなので、
乳糖や小麦たんぱくレベルもダメってことは
アピールしておきたかったんだけど伝わったかな~?
あとは、付着でも症状が出ることもね。
同じ園でも、家庭によっては対処療法にしている
お子さんもいるみたいだったので、
ちょっと意識して完全除去の必要性なんかも
しゃべっておくことにしました。
ひとまずは第一歩、だよね。
こむぎこさんもおつかれさまでした!
  • 2007-04-13
  • 投稿者 : eri
  • URL
  • 編集

にゃんたまさんへ

>全くアレルギーに対して無知な人にもわかりやすい

そうかな~?
正直、自分自身はもう完全に
アレルギーおたく化してるので、
まったく知らないってことがどんなことなのか
想像することがもう難しくなってる・・・。
一度で完全にわかってもらうのではなく、
はじめの第一歩、と思ってがんばってまいりました!
  • 2007-04-13
  • 投稿者 : eri
  • URL
  • 編集

コフさんへ

すごいよ~!
サークル主催もすごいし、
TKくんが2歳なのにすでに「一緒にいること」を
選べるっていうのがなんてったってすごいよ~!
やっぱりさ、現実から目をそらしちゃいけないっていうか・・・
自分だけは食べられないつらさっていうのを
果敢に乗り越えていけるようになってほしいんだよね。
同時に、まわりの人たちにも
息子だけ食べられなくてヤバッ、
っていう気まずさから目をそらさずに、
正面から向き合ってもらえるとうれしいな、と。
大人だって難しいことに、子どもがどう対処していくのか
心配はつきないけれど、きっと、このハンデを糧に
度量のでっかい子になってくれると信じてる!
  • 2007-04-13
  • 投稿者 : eri
  • URL
  • 編集

うわ~ん!

eriさん、ステキな記事をどうもありがとうございます。
園に対して、自分が何を伝えればいいのか、まとめられなくて自信喪失気味のところに
一本の光が差し込みました。
そう、そうなんですよ、解除の話もどういう説明が必要なのか、とか
治療としての完全除去、親の思いなど
盛りだくさんで、私も伝えたいことがたくさん書かれてて、
感激しました。

私のように気ばかり焦って実行できない人には
この記事は非常に参考になり、そして救われました。
私もがんばります!eriさんありがとうございます!

こんにちは すっかり出遅れてしまいましたが
感動です 素敵です
そうなの 連休明けに クラスの懇談会もある
そろそろ入学のことも考えないといけない
いろいろある中で いつもすっきりしなかった言葉 これだ~ってわかりました

>自分だけ食べられなくてもみんなと一緒にいたい、
一緒に楽しみたい、ということを
自分で納得して選べるような子に育てていきたい、
アレルギーがあることによって
行動の幅を自ら狭めてしまうような子には
なって欲しくない、それが親としての願いです。

そう これだ~
ごめん 涙線切れそうだよ
同じものを 食べることよりも もっと楽しく大切な時間
その機会を 狭めてあげたくはない そして自分を受け入れてほしい
もう感動です
そして とてもわかりやすくて いい♪
私も去年原稿作ってお話しましたが 下向くと涙がこぼれそうで カンペ見れずに お話しました
今年は もうちょっと 落ち着いてお話できたらいいな~って思います
  • 2007-04-13
  • 投稿者 : 祐たんママ
  • URL
  • 編集

>『自分だけ食べられなくてもみんなと一緒にいたい、 一緒に楽しみたい』

こうやって子供達は頑張っているんだよね、
でもこれは子供達の表向きの顔です。
つい最近ワタシはムスコの本音を聞き、落込み、
ママ友の前で泣いてしまいました。
ちょっと立ち直るのに時間はかかりそうです、
ブログも休もうかと・・・
子供の心の成長、5歳で年長になったムスコ、
急に心の成長が現れました、いつかこんな日が来ても
対処出来ると思っていたけど、出来ない自分が情けないです。
それでも精一杯笑顔でいなくていけない事に疲れてしまった・・・

お引越しされたんですね~

お久しぶりです!
とてもわかりやすくて心に響く説明ですね。
親としての願い、私も同感です。
集団生活に入るといろいろ問題もおきてきますが
息子には食アレを受け入れて欲しいし、それをハンデとすることなく成長して欲しい。
娘(食アレ無)には、優しさを学んで欲しい、と思っています。

保護者だけでなく先生方も改めてeriさんのお話を聞かれたことで
理解がより一層深まるといいですね。
  • 2007-04-14
  • 投稿者 : いくら
  • URL
  • 編集

ちかはやさんへ

私も医師とはまるで心が通じ合わないんですけど~(^ ^;
やっぱさ~、毎日食事を作る母でないと
わからない苦悩ってのがあるよね~。
うちは添加物なし、和食中心の保育園だった頃は
あまり感じなかった問題が、今のフツーの
園に移ってからいろいろ浮上してきたような感じ。
子どもが広い世界に出ていくにつれ、いやでも
いろいろ乗り越えていかなきゃならなくなるんですよね~。
  • 2007-04-14
  • 投稿者 : eri
  • URL
  • 編集

参考にさせてもらいます

うち、来年幼稚園入園で、来月から一番近い幼稚園の未就園児教室行く予定です。今、eriさんところもだけど、タケ師匠、こむぎこさんのところでも園(学校)での説明方法が記事になっていて、ホント助かります!
バンバンパクらせて参考にさせてもらいますね~♪
わが子、3ヶ月後半から除去生活なので、普通の生活でどの程度症状がでるのか不明なところが歯がゆいです。幼稚園入園前に負荷入院させたいってのが正直な気持ちです。
ただね、療育で母子分離のときに、通所の子どもに噛まれて、遅延で皮膚炎&蕁麻疹出たのよね~そのときはやばいもの食べさせてないから、ストレスか唾液に反応しか考えられないの。
噛みつかれ注意って、三年保育は無理かなぁ・・・
  • 2007-04-15
  • 投稿者 : ゆうこりん
  • URL
  • 編集

こんにちは。

お引越しされたのですね★
なかなかコメント残せないのですが、いつも必ずチェックしてます♪

アレッ子ママの四月は何かと下準備か大変ですよね。
私もアレルギーのこと書いたプリント持参が定番になりました。
私、緊張すると声が震えるのでプリント配ったのですが、お母様方には頭にのこっていい!とおもいのほか好評でした。
でもこれだけの文章をみんなに説明するなんてeriさんスゴイよ!
私だったら汗だくで・・・きっとみんなは私の汗に注目して肝心な内容聞いてもらえなさそう。。。お疲れさまでした。
  • 2007-04-15
  • 投稿者 : koma
  • URL
  • 編集

わおさんへ

基本が引っ込み思案で面倒くさがりなもので、
これまではついついちゃんと説明せずにきちゃったんですよね~。
でも、年少ともなるといろんな機会が増えてきて…
ほかのお母さん方も、いきなり「スミマセン、食べられないんで」
となると面食らっちゃうようだったので
まとめて一気に説明しちまえ!ということで
話す時間をいただくことにしました。
これでこれからはペットボトルのお茶の原材料を
チェックしまくっていても不審がられずにすむかな~?
  • 2007-04-15
  • 投稿者 : eri
  • URL
  • 編集

まめさんへ

園に伝えるの、難しいよね~。
保護者はいいのよ。
少しでもわかってもらえれば、が前提だから。
でも、園にはできるだけ理解してもらわないと
毎日の生活に影響してきちゃうもんね~。
やっぱ、話しても話しても、いくらかのスレ違いが生じるわけで。
付着でも反応、とか、完全除去の必要性とか、
保護者のみなさん、というよりもかなり対先生を意識して考えましたヨ。
でもまた担任変わってしまった!
がんばってまた土俵あがってきます!どすこい!
  • 2007-04-15
  • 投稿者 : eri
  • URL
  • 編集

祐たんママさんへ

そう、これよ!これなのよ!
でも、これが一番難しいんだよね…。
年中になるしさ、いろいろわかってくるし、
子どもも日々いろんな葛藤があるんだろうな・・・。
祐たん、みんなと一緒に座れて本当によかったよね!
でも、それでものすごく喜んでる姿が
親にしてみるとちょっぴり切ないよね。
うちは最近卵の解除してるんだけど、そうすると
「ぺっち、もう卵は食べられるようになった!」
ってすごくうれしそうなんだよね。
「でも、ちゃんと焼かないとダメだし、食べ過ぎてもダメだよ!」
って言いながら、やっぱりちょっぴり切ない。
きっと、毎日自分だけ違う代替を食べながら、
いろんなこと感じているんだよね…。
まっすぐ育てよ!
強く育てよ!
うしろから、一生懸命叫ぶっきゃないのよね~。
  • 2007-04-15
  • 投稿者 : eri
  • URL
  • 編集

ナオさんへ

精一杯ムスコさんと向き合おうとするナオさん、尊敬します。
私はどうだったろう?
少なくとも、精一杯笑顔ではなかったような。
だいたい息子より先に私の方が泣いちゃうしね~。
「なんで食べられないんだよーっ」
パックンチョの時、泣きわめく私を見て息子はキョトンとしてた。
給食で毎日代替の息子にとっては、
きっと、パックンチョくらいは、もうたいしてショックじゃなかったのかも。
「自分だけ食べられなくても」ってキツイよね。
妊娠中からの除去でつくづく思ったけど、
「私食べられないけど気にしないでね~♪」
って、口では言うけど全然笑えませんから!
内心では「こんちくしょ~!もっと気を使いやがれ!」と毒づいている!
食いものの恨みはおそろしいのだ!
この年でもわりきれないことが、4歳の子どもにどうしてわりきれるだろう?
私はいままで凹んだ時は、必ずブログに救われてきたような気がします。
やはり、こればかりは「アレッ子育てている人にしか 」わからないし、
経験者にとってみれば、「みんな通る道なのよ」ってことなわけで、
「みんな通る」って聞いて、「みんなツライ」てわかると
すごく心が軽くなるんだよね。
いつも精一杯なナオさん。
精一杯で、みんなを励ましてくれるナオさん。
凹んだ時は、たまにはみんなに頼ってもいいんじゃないかな?
その気になったらいつでも吐き出しにきてくださいね。
  • 2007-04-15
  • 投稿者 : eri
  • URL
  • 編集

いくらさんへ

いや~、口ではこんなふうに言ってるんですけどね。
実際「食べられない」状況を目の当たりにすると
全然心穏やかじゃないのが本当のところですよ~。
自分も除去していて心底思ったけど、
「自分だけ食べられない」のってクーーッ!って感じよね~。
息子を見ていると、毎日代替を食べているだけあって、
そういう点では私なんかよりもずっと強いな、と思ったりします…。
ツライですが、やはり打たれた分だけは確実に強くなりますね。
  • 2007-04-15
  • 投稿者 : eri
  • URL
  • 編集

ゆうこりん様

母子分離で、ってことは噛んだ子の口の中に
アウトな成分が残留してた、のかな?
心配はあるけれど、人手に預けることで
絶対母親自身に余裕も生まれるし、
母親以外の目から子どもを見てもらうことで
得られるものってきっとあるに違いない、
と4ヶ月で預けちゃった私は思います。
うちは、3歳くらいまではやっぱり接触?
と思われる反応もけっこうありました。
「赤ちゃ~~ん!」
と言ってほっぺをスリスリしてくれる子どもの手が、
きっとアウト菓子を食べた直後だったりするんだよね…。
アレルギー的には不安のつきない園デビューだけど、
除去を理解してくれる園があるのなら、
絶対預けてみたら「イイコト」あると思う!
  • 2007-04-15
  • 投稿者 : eri
  • URL
  • 編集

komaさんへ

キャ~~!
コメントありがとうございます!
私こそ、いつもチェックさせていただいております♪
こむぎこさんちとか、komaさんちとか、
お洒落すぎる記事の時にはついつい遠慮して書きこめない
小心者の私であります。ブライス最高!
マジでハンコ、やってみたいんですけど。
夫が鉄道模型趣味なので、ケシゴム以外は
道具揃ってるんだよね…。
保護者会、なにがすごいって、話してる間中、
おとな~しく後ろでひとり遊びしていたなっちがすごいっす!
兄のためによくがんばってくれた!
牛乳は飲んじゃうしさ~、なっち、あんたはすごいよ!
  • 2007-04-15
  • 投稿者 : eri
  • URL
  • 編集

はじめまして

4月から卵アレルギーのムスメが幼稚園行き始めました。
今日から給食です。
献立見ながら、給食OKなときは給食で、と考えています。
タケさんに教えていただいて、お邪魔しました!
保護者の方々に『アレルギー』についてはお話したいと思っていたので、すごく参考になりました。実は今から緊張していて、泣きそうです^^;
うまくいくといいな。
それでは、また。
  • 2007-04-16
  • 投稿者 : ぼにゃはは
  • URL
  • 編集

お引越ししたのですね!
お疲れ様です。
園でのお話も、お疲れ様でした!

凄い!下書きしてるんですね~
うちは幼稚園時代はお弁当の園だったので、自己紹介の時に軽く話をしてたけど、今回、学校での自己紹介のときは、初めて、アナフィラキシーの可能性のあるアレルギーの話をしました。と言っても自己紹介で話す程度ですけど、これでも、結構疲れました><

正直、他のお母さんの反応も気になるけど、やはり、息子の為にこれだけは言っておかなければ!と言う気持ちで言いました。
みなの前で話すのって、疲れますね^^;毎年、この時期は、疲れます><

炊飯器ケーキも美味しそう♪
なっちちゃん、1歳おめでとうございます!
  • 2007-04-17
  • 投稿者 : アン カフェ
  • URL
  • 編集

ぼにゃははさんへ

コメントありがとうございます!
入園式おつかれさまでした。
アレルギーの子を外の世界に出すのって
不安もつきないけれど、きっと、たくさん楽しいことあるはず!
(ちびなちゃん制服姿かわいいーー!)
保護者の方への説明、うまくいくといいですね。
かくいう私はズボラこいていて、2年目の終わりに
ようやく↑の説明をしたのでした(^ ^;
なかなかこちらから働きかけないと
話す機会ってないんですよね~。
でも、年中ともなると子ども同士の話題でも
アレルギーのことが出てきたりするようなので、
知っておいてもらう必要がある、と思ってやる気出しました。
なかなかレスも訪問も難しいこの頃なのですが
今後ともよろしくお願いします。
ぼにゃははさんちにも遊びにいきますね~!
  • 2007-04-17
  • 投稿者 : eri
  • URL
  • 編集

はじめましてかなぁ~?

はじめまして。
サトワカさん、タケさんetc.etc.の記事&コメ等ではじめまして感があまりないのですが、はじめましてですよね。
「自己紹介にかえて」とってもうなずきながら読みました。
同じようなことを毎年毎年、年度始めに担任に伝え早、中1。
今年も懇談の時間をとってもらうようにお願いしました。
毎年、給食が始まるまでに行かなければならなかったのですが、
お弁当の学校を選択したのと子供の学年が上がったことで今年は比較的ゆっくりです。
(重なる卒業式・入学式等々で仕事休みすぎなので懇談会と一緒に・・・との思惑もありますが)
成長してほぼ解除の同年齢が多い中、2次製品ですら微量混入でもアレ症状がでる娘の様子をどう話そうかなぁと
思っていたところ上手にまとめられている文章を読んで勇気づけられましたよ。ありがとう!
こんな風に幼少の頃話せたらもっと世界が違ったかもとも思う私もいます。
食物アレルギーという概念がなかったもので・・・
↓なっちちゃんにはアレルギーがないかもしれないという記事も読んで激しく同感。
3つ違いの上には食アレは出ていません。同じ親から生まれても違うんですよね。
早くからしっかり除去に取り組んできたぺっちくんの解除が順調に進むことを願ってます。
  • 2007-04-17
  • 投稿者 : ハナママ
  • URL
  • 編集

アン カフェさんへ

自己紹介のこと、給食のこと、本当におつかれさまです。
ふ~~、小学校大変そうだーっ!
まだまだうちなんか序の口ですね。
この先、もっと高いハードルが待っているのね~。
ホント、息子のためにこれだけは…の一念ですよね。
話すだけでも疲れるのに、ちゃんとわかってもらわなくちゃ困る!
と思うからよけいに疲れる。
本当におつかれさまでした。
うちもがんばります!
  • 2007-04-18
  • 投稿者 : eri
  • URL
  • 編集

ハナママさんへ

コメントありがとうございます!!!
私もまるではじめて感がありません!
先輩のことは昔から存じ上げております~~!
2次製品、微量混入、このあたりって
理解してもらうの、難しいですよね。
小麦たんぱくとか、乳糖とかいう単語も織りこみつつ、
なんとかそのへんも伝わるといいな~
というのは私もかなり思案のしどころでした。
でも、やはりフツーの人にはなかなかわからないですよね。
せめて先生だけでも理解を深めてくれているといいのですが。
なっち、本当になにも出ないんですよ…。
とはいえ、そのせいで今、牛乳を一日100ccも
飲まされているので、あとからなにか出てくるんじゃないか、
と激しく不安です…。
やっぱ、多少はアレルギー体質、遺伝しているんだろうし~。
コメント恐縮です。
マジでうれしいです。
今後ともよろしくお願いいたします!
  • 2007-04-18
  • 投稿者 : eri
  • URL
  • 編集

難しいね。

何度も頷きながらよませてもらっています。

うちも火曜に保護者会です。
初めて会うお母さんは数人で、アレルギーっ子が5人いるクラスで、
何を話すべきか、かなり悩んでいます。
この間もクラスのアレルギーっ子仲間のお母さんから、気にしないでお友達が誘ってくれるのはいいけど、
全く配慮なく、遊んでいる間ずっと、
親も子もお菓子にケーキなど、
次々食べられないものを出して食べ続けていて、
さすがに子どもが泣き出してしまったのという話を聞いたばかり…。
(ごめんね!自分のとこに書けないこと書いちゃって…、うちは書けないような話もあるのよね)

私もカンペを作るべきなんだろうけど、読むのが苦手なの…(^_^;)
持って行っても、きっと違うことを話しちゃうんだろうなぁ…。
  • 2007-04-21
  • 投稿者 : たんぽぽ
  • URL
  • 編集

たんぽぽさんへ

そうなんですよね~(~ ~;
口では隔てなく誘ってください、というものの
誘うからには多少配慮してくれ~!
っていうのが本音ですよね…。
やっぱ、口では「気にしないでください」と言いながら
ハンカチ取り出してウウッ、と泣いてみせるしかない!?
違うことを話せる、のがすごいです!
私、即興は絶対無理だ~~っ!
ほかにもアレルギーっ子がいる、というのも難しいですね。
うちの園もほかに対処療法でやっているご家庭もあるようなので、
「うちの場合はそれではダメなんです」というのは
意識して伝えるようにしました。
話したあとに、先生いわく
「お母さん、がんばってらっしゃるから」
「それでいいの?って思うおうちもありますからね~」
ほめられて恐縮です、と思えればいいんだけど、なぜか
「お母さん、ちょっと神経質すぎるのでは?」
って思われてるのかな、と深読みしちゃったりしてね…
いかんいかん、言葉どおりに受け取っておこう!




  • 2007-04-21
  • 投稿者 : eri
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://youcanrun.blog59.fc2.com/tb.php/4-8c619402
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

eri

Author: eri
アレルギーっ子の母やってます。
♥長男ぺっち♥
2002年12月生まれ
乳・小麦・卵にアレルギーあり。
検査数値のわりに
反応が強いタイプ。

♥長女なっち♥
2006年4月生まれ
アレルギー検査結果、
軒並みスコアゼロ!
このままアレルギーに
縁のない生活を送れるのか!?

最近の記事

ブログ内検索

 

YOU CAN RUN !!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。