Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

どきどきしました~

どういう展開でどんな事件に発展してしまうのか緊張して読んでしまいましたが
「それ、おいしい?」で切なくなり、「わかんない」で頬が緩みました♪
子供って、これ聞いちゃ悪いかな?とか変に気を回さないし
疑問は直ちに直球勝負!なのでハラハラする時もありますが、
答えを受け入れる心も柔軟でまっさらで、いいですよね。
私なんて我が子がお友達とフツーに会話を成立させているだけで感動してます。
でも、ヤクルトくれる薬局って・・・。
うちは診察終了後にチョコをくれる整形外科に出会い、
さっきそこの問診表にアレルギー内容書いただろう!と
キレそうになったことがあります。

こんばんは♪

子供の会話って面白いよねー
すごく淡々としているの(笑)
姫もよく
「これ食べられる?」
「ううん、それは食べられない」
「じゃ、これは?」
「これは食べられる」
みたいな会話してます。

ぺっちくん、ちゃんとお断りできてかしこい!
これができるようになるまでが大変だったよね。
なんだか懐かしく思い出しちゃったよ。
  • 2007-07-22
  • 投稿者 : サトワカ
  • URL
  • 編集

ちょっぴり切ない でも微笑ましいよね
ペッち君 ちゃんと断われて 大きくなったよね て感心しました

しかし ヤクルトお手軽なのか
も知れないが 配るのはちょっと。。。うちは 飴だったけど 毎回すすめられて 困ったことあるよ

子供たちの世界って 大人よりもピュアで いい感じです
祐たんも 最近色々わかってきてくれました
お友達が『牛乳飲まないと大きくなんないらしい!!ゆうちゃん大きくなれるんか?』
(心配してくれてるらしい)
祐たん『最近大きくなったって おばあちゃんがいっとたで~
もっともっと大きくなるよ』
友達『ほんまやな~ ゆうちゃん大きくなったもんな~何食べたん?』
祐たん『小豆とか 豆乳 』
 (^_^;)なんか複雑
雰囲気はわき合い合い いい感じでした。 ストレートの表現に救われることもありますね

  • 2007-07-22
  • 投稿者 : 祐たんママ
  • URL
  • 編集

ほんわか

なんか、ステキなやりとりですね。
でもすごいね、アレルギーとかぶとむしが同じ会話に潜んでるなんて!
それくらい普通に交わされてるなんて!
うちの息子ももう少ししたらそういう会話をしたりするのかな?

みんな大人になっていくんだね♪

ぺっち君、自分で分かる範囲で、アレルギーのことを話したり、相手のお子さんも普通に会話。
なんか、親同士のやり取りより、すんなりと自然(笑)
そいえば、この間、うちの長男も、公園で
友達:「俺んち、ヤクルトあるんだ~」
長男:「俺んち、ヤクルトない。アレルギーだから飲めないし。」
友達:「そうなんだ。俺は猫アレルギーだけどさ」
長男:「あ、俺、犬アレルギー」
なんて、話をしていて、思わず笑っちゃいました!
(俺と二人とも言ってるのがまた、笑えた!)
  • 2007-07-22
  • 投稿者 : ふわりふわ
  • URL
  • 編集

yoyoさんへ

大人と違って、まずいこと聞いちゃったわ、
とか、まあかわいそうに、みたいな反応がないのがいいですよね。
余計な気を使わなくてすむ(^ ^;
チョコはびっくりだわね~。
いくら整形外科といっても…。
(歯科だったら絶対にくれない!)
  • 2007-07-23
  • 投稿者 : eri
  • URL
  • 編集

サトワカさんへ

いや、わからない。
まだ断れないかも。
特に卵!
違う!まだ完全に食べられるわけじゃないんだってば!
と内心激しくつっこんでました。
卵系ですすめられたら間違いなく食べてしまいそう。
漢字がわかるようになってきたら「乳」をまず覚えさせねば!
原材料を見て、とりあえず乳とついたら
乳酸カルシウムでも豆乳でも
(←豆がつけばOK、とか難しすぎるよね)
手を出さないよう教育しなければ!!!
  • 2007-07-23
  • 投稿者 : eri
  • URL
  • 編集

祐たんママさんへ

子ども同士の会話、
けっこう横で聞いててドキドキするよね~。
牛乳神話、時々ムッ、としますよね(= =;
牛乳さえ飲んでりゃそれでいいのか~!
うち、ヘアカットのお店でもヤクルトくれるのよね。
液体なだけに、みんなその場で飲んで
そのままの手で遊んでるわけで…
あああ、こぼさないで~!と心穏やかじゃありません…。
  • 2007-07-23
  • 投稿者 : eri
  • URL
  • 編集

まめさんへ

ふつうはすぐカブトムシにいくんだろうけど、
やっぱぺっちとしてはまずヤクルトが気になったんだろうね~
園が毎日牛乳、なせいもあってか
牛乳に対する憧れがすごく強いみたいなんだよね。
この時も、すすめられたら飲むんじゃないかと思ってヒヤヒヤ…
ちゃんと説明できてホッ、としました♪
  • 2007-07-23
  • 投稿者 : eri
  • URL
  • 編集

ふわりふわさんへ

子ども同士なのに、アレルギーで会話が成立してるのって
なんか感動しちゃいますよね(^∀^)
うちも最近「オレ」と言いたがるのですが、
オレ↑と上がらずにオレ↓となぜか下にさがるイントネーション。
ぷぷ…っ。おかしくてたまりません…!
  • 2007-07-23
  • 投稿者 : eri
  • URL
  • 編集

ああ、こうやってだんだんアレルギー的生活のバトンを子供に渡していくのですね。小さいなりに折り合いつけて生きていこうとしているんですね。
サトワカさんの「これができるようになるまでが大変だったよね」というコメントもとても重みがありました。eriさんのサプライズお菓子の記事を思い出して、ぺっちくん、ほんとに色々乗り越えてきたよね。って私まで感慨深いです。
ぺっちくん、がんばれ~。世のアレっ子もみんながんばれ~!

結構子どもってすんなり受け入れますよね。
理解は完全じゃないから、大人が見張ってないと怖いですが。
うちも、上の子が受け入れるのが早くて
自分の友達にも「ちきはアレルギーだから!お菓子は持ってこないで!」とか仕切ってます。
ちきの場合、自分で納得するのはこれからなので乗り越える問題はまだまだ山積みですが
自分なりに受け入れてくれたらなあって思っています。
それにしても、病院も薬局もお菓子配るんですね~。なんだかなあ・・・。
  • 2007-07-23
  • 投稿者 : いくら
  • URL
  • 編集

コフさんへ

ここでのポイントは、
できるだけ親が介入しない、ってことよね(^ ^)
「わかんない」にはズッコケましたが…。
本当にわかんないのか、「もういいよこの話題は」的に
わかんないと言ったのかは謎…。
  • 2007-07-24
  • 投稿者 : eri
  • URL
  • 編集

いくらさんへ

もちちゃん、頼もしいですね~!
一緒に目を光らせてくれる人がいるって心強いよね。
うちの場合、せめて夫がもう少し役にたってくれるといいのだが…(= =;
ぺっちもまだまだなんですよ~。
今回のことで思ったのは、牛乳そのものなら
「牛乳はダメ」ってわかるけれど、
ヤクルトだとなにが入ってるから
ダメなのかがわからない、ってこと。
だんだんと「乳」という字がわかるように
していかないとな~と思いはじめてます。
  • 2007-07-24
  • 投稿者 : eri
  • URL
  • 編集

すっごいいいやりとりですね!!
うちの子もそうやって自分のアレルギーを自然に受けて入れて欲しいなって
思います。
ななんかじんんときた!!
  • 2007-10-27
  • 投稿者 : haruharuママ
  • URL
  • 編集

haruharuママさんへ

3歳はまだまだなんだけどね、
4歳すぎてから急速にしっかりしてきたというか…
保育園でつねにほかの子とは
違うものを食べているせいもあるのか、
自分のアレルギーについてはよく自覚してきています。
(たまにまちがった理解してることもあるけど~)
先日は園でスイートポテトの調理実習があり、
実習自体はさつまいもをつぶすだけの作業だったらしいのですが、
帰りに園の事務室をのぞきこんだ息子。
園長先生に向って話しかけました。
「今日大学イモ食べた?」(スイートポテトだろ!)
「うん、○○組さんが作ったんだよね。おいしかったよ」
「ぺっちのはね、みんなのとはちがうけどおいしかった」
(いや、そこまで説明しなくても…)
「小麦粉が食べれないから、みんなとはちがうの」
息子が話を振ったので、成り行き上、園長先生と
解除の進行具合と日頃の感謝についてお話ししてきました(^ ^;
やれやれ…
  • 2007-10-27
  • 投稿者 : eri
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://youcanrun.blog59.fc2.com/tb.php/41-28d00728
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

ぺっちのアレルギー的生活 ~薬局にて~

ある日のこと、

なっちの中耳炎を診てもらうために
耳鼻科へ行きました。

待合室に入ると、虫かごを持った
推定小学校一年生くらいの男の子が
お母さんと赤ちゃんと一緒に来ていました。

耳鼻科では、なっちを診てもらうついでに
強制耳掃除されたのが記憶に新しいぺっち。

用心して診察室には入らず、
なっちの診察の間は待合室で待つことに。

診察を終えて待合室に戻ると、
先ほどの男の子にカブトムシを見せてもらっているぺっち。
すっかり仲良くなった様子です。

ところかわって薬局に薬をもらいに行きます。

この薬局、どういうわけか
処方箋と引きかえに必ずヤクルトを一本くれます。

「あ、飲めませんので」

と断ったところに
診察を終えたさっきの男の子が入ってきました。

ヤクルトをもらい、器用にフタを開けている
男の子の手元を凝視するぺっち。

「それ、おいしい?」
(お、話しかけたぞ)

「もらってないの?」
(あ、わ、わけてくれなくていいからね!)

「ぺっち、それ飲めないの」
(よくわかってんじゃん)

「飲むとカイカイになっちゃうの」
(カイカイくらいですめばいいけどね~)

「アレルギー?」
(よく知ってるね~!)

「卵のアレルギー?」

「ううん、卵は食べれる」
(加熱で一個までよ!)

「じゃあ、なんのアレルギー?」
(乳、乳だよっ)

「わかんない」
(おいおい)

「ねえ、これはなあに?」

「カブトムシのエサ」


そんなふうに、あとはカブトムシネタで
盛り上がっていた子どもたちでした。

まあ、たいした話ではないのですが、

子どもたちが子どもたちなりに
アレルギーに関して会話していたのでおもしろかった。

子ども同士なので、
「飲めないの?かわいそう~」とかいう反応もなく、
淡々と「へえ~」という感じ、
カブトムシネタと同列みたいなのがまたおもしろい。

なんというか、ぺっちはぺっちなりに
アレルギーを理解して、
自分の世界で自分なりに生きているんだな~と、
妙に感慨深い気がしたので書きとめておくことにしました。





16件のコメント

どきどきしました~

どういう展開でどんな事件に発展してしまうのか緊張して読んでしまいましたが
「それ、おいしい?」で切なくなり、「わかんない」で頬が緩みました♪
子供って、これ聞いちゃ悪いかな?とか変に気を回さないし
疑問は直ちに直球勝負!なのでハラハラする時もありますが、
答えを受け入れる心も柔軟でまっさらで、いいですよね。
私なんて我が子がお友達とフツーに会話を成立させているだけで感動してます。
でも、ヤクルトくれる薬局って・・・。
うちは診察終了後にチョコをくれる整形外科に出会い、
さっきそこの問診表にアレルギー内容書いただろう!と
キレそうになったことがあります。

こんばんは♪

子供の会話って面白いよねー
すごく淡々としているの(笑)
姫もよく
「これ食べられる?」
「ううん、それは食べられない」
「じゃ、これは?」
「これは食べられる」
みたいな会話してます。

ぺっちくん、ちゃんとお断りできてかしこい!
これができるようになるまでが大変だったよね。
なんだか懐かしく思い出しちゃったよ。
  • 2007-07-22
  • 投稿者 : サトワカ
  • URL
  • 編集

ちょっぴり切ない でも微笑ましいよね
ペッち君 ちゃんと断われて 大きくなったよね て感心しました

しかし ヤクルトお手軽なのか
も知れないが 配るのはちょっと。。。うちは 飴だったけど 毎回すすめられて 困ったことあるよ

子供たちの世界って 大人よりもピュアで いい感じです
祐たんも 最近色々わかってきてくれました
お友達が『牛乳飲まないと大きくなんないらしい!!ゆうちゃん大きくなれるんか?』
(心配してくれてるらしい)
祐たん『最近大きくなったって おばあちゃんがいっとたで~
もっともっと大きくなるよ』
友達『ほんまやな~ ゆうちゃん大きくなったもんな~何食べたん?』
祐たん『小豆とか 豆乳 』
 (^_^;)なんか複雑
雰囲気はわき合い合い いい感じでした。 ストレートの表現に救われることもありますね

  • 2007-07-22
  • 投稿者 : 祐たんママ
  • URL
  • 編集

ほんわか

なんか、ステキなやりとりですね。
でもすごいね、アレルギーとかぶとむしが同じ会話に潜んでるなんて!
それくらい普通に交わされてるなんて!
うちの息子ももう少ししたらそういう会話をしたりするのかな?

みんな大人になっていくんだね♪

ぺっち君、自分で分かる範囲で、アレルギーのことを話したり、相手のお子さんも普通に会話。
なんか、親同士のやり取りより、すんなりと自然(笑)
そいえば、この間、うちの長男も、公園で
友達:「俺んち、ヤクルトあるんだ~」
長男:「俺んち、ヤクルトない。アレルギーだから飲めないし。」
友達:「そうなんだ。俺は猫アレルギーだけどさ」
長男:「あ、俺、犬アレルギー」
なんて、話をしていて、思わず笑っちゃいました!
(俺と二人とも言ってるのがまた、笑えた!)
  • 2007-07-22
  • 投稿者 : ふわりふわ
  • URL
  • 編集

yoyoさんへ

大人と違って、まずいこと聞いちゃったわ、
とか、まあかわいそうに、みたいな反応がないのがいいですよね。
余計な気を使わなくてすむ(^ ^;
チョコはびっくりだわね~。
いくら整形外科といっても…。
(歯科だったら絶対にくれない!)
  • 2007-07-23
  • 投稿者 : eri
  • URL
  • 編集

サトワカさんへ

いや、わからない。
まだ断れないかも。
特に卵!
違う!まだ完全に食べられるわけじゃないんだってば!
と内心激しくつっこんでました。
卵系ですすめられたら間違いなく食べてしまいそう。
漢字がわかるようになってきたら「乳」をまず覚えさせねば!
原材料を見て、とりあえず乳とついたら
乳酸カルシウムでも豆乳でも
(←豆がつけばOK、とか難しすぎるよね)
手を出さないよう教育しなければ!!!
  • 2007-07-23
  • 投稿者 : eri
  • URL
  • 編集

祐たんママさんへ

子ども同士の会話、
けっこう横で聞いててドキドキするよね~。
牛乳神話、時々ムッ、としますよね(= =;
牛乳さえ飲んでりゃそれでいいのか~!
うち、ヘアカットのお店でもヤクルトくれるのよね。
液体なだけに、みんなその場で飲んで
そのままの手で遊んでるわけで…
あああ、こぼさないで~!と心穏やかじゃありません…。
  • 2007-07-23
  • 投稿者 : eri
  • URL
  • 編集

まめさんへ

ふつうはすぐカブトムシにいくんだろうけど、
やっぱぺっちとしてはまずヤクルトが気になったんだろうね~
園が毎日牛乳、なせいもあってか
牛乳に対する憧れがすごく強いみたいなんだよね。
この時も、すすめられたら飲むんじゃないかと思ってヒヤヒヤ…
ちゃんと説明できてホッ、としました♪
  • 2007-07-23
  • 投稿者 : eri
  • URL
  • 編集

ふわりふわさんへ

子ども同士なのに、アレルギーで会話が成立してるのって
なんか感動しちゃいますよね(^∀^)
うちも最近「オレ」と言いたがるのですが、
オレ↑と上がらずにオレ↓となぜか下にさがるイントネーション。
ぷぷ…っ。おかしくてたまりません…!
  • 2007-07-23
  • 投稿者 : eri
  • URL
  • 編集

ああ、こうやってだんだんアレルギー的生活のバトンを子供に渡していくのですね。小さいなりに折り合いつけて生きていこうとしているんですね。
サトワカさんの「これができるようになるまでが大変だったよね」というコメントもとても重みがありました。eriさんのサプライズお菓子の記事を思い出して、ぺっちくん、ほんとに色々乗り越えてきたよね。って私まで感慨深いです。
ぺっちくん、がんばれ~。世のアレっ子もみんながんばれ~!

結構子どもってすんなり受け入れますよね。
理解は完全じゃないから、大人が見張ってないと怖いですが。
うちも、上の子が受け入れるのが早くて
自分の友達にも「ちきはアレルギーだから!お菓子は持ってこないで!」とか仕切ってます。
ちきの場合、自分で納得するのはこれからなので乗り越える問題はまだまだ山積みですが
自分なりに受け入れてくれたらなあって思っています。
それにしても、病院も薬局もお菓子配るんですね~。なんだかなあ・・・。
  • 2007-07-23
  • 投稿者 : いくら
  • URL
  • 編集

コフさんへ

ここでのポイントは、
できるだけ親が介入しない、ってことよね(^ ^)
「わかんない」にはズッコケましたが…。
本当にわかんないのか、「もういいよこの話題は」的に
わかんないと言ったのかは謎…。
  • 2007-07-24
  • 投稿者 : eri
  • URL
  • 編集

いくらさんへ

もちちゃん、頼もしいですね~!
一緒に目を光らせてくれる人がいるって心強いよね。
うちの場合、せめて夫がもう少し役にたってくれるといいのだが…(= =;
ぺっちもまだまだなんですよ~。
今回のことで思ったのは、牛乳そのものなら
「牛乳はダメ」ってわかるけれど、
ヤクルトだとなにが入ってるから
ダメなのかがわからない、ってこと。
だんだんと「乳」という字がわかるように
していかないとな~と思いはじめてます。
  • 2007-07-24
  • 投稿者 : eri
  • URL
  • 編集

すっごいいいやりとりですね!!
うちの子もそうやって自分のアレルギーを自然に受けて入れて欲しいなって
思います。
ななんかじんんときた!!
  • 2007-10-27
  • 投稿者 : haruharuママ
  • URL
  • 編集

haruharuママさんへ

3歳はまだまだなんだけどね、
4歳すぎてから急速にしっかりしてきたというか…
保育園でつねにほかの子とは
違うものを食べているせいもあるのか、
自分のアレルギーについてはよく自覚してきています。
(たまにまちがった理解してることもあるけど~)
先日は園でスイートポテトの調理実習があり、
実習自体はさつまいもをつぶすだけの作業だったらしいのですが、
帰りに園の事務室をのぞきこんだ息子。
園長先生に向って話しかけました。
「今日大学イモ食べた?」(スイートポテトだろ!)
「うん、○○組さんが作ったんだよね。おいしかったよ」
「ぺっちのはね、みんなのとはちがうけどおいしかった」
(いや、そこまで説明しなくても…)
「小麦粉が食べれないから、みんなとはちがうの」
息子が話を振ったので、成り行き上、園長先生と
解除の進行具合と日頃の感謝についてお話ししてきました(^ ^;
やれやれ…
  • 2007-10-27
  • 投稿者 : eri
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://youcanrun.blog59.fc2.com/tb.php/41-28d00728
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

eri

Author: eri
アレルギーっ子の母やってます。
♥長男ぺっち♥
2002年12月生まれ
乳・小麦・卵にアレルギーあり。
検査数値のわりに
反応が強いタイプ。

♥長女なっち♥
2006年4月生まれ
アレルギー検査結果、
軒並みスコアゼロ!
このままアレルギーに
縁のない生活を送れるのか!?

最近の記事

ブログ内検索

 

YOU CAN RUN !!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。