Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://youcanrun.blog59.fc2.com/tb.php/53-1e155378
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

YOU CAN RUN ! の秘密 ~その2~

婦人科って、なんか敷居高いですよね?

よさそうな不妊外来の病院を探しながら
ひとつだけ譲れないと思っていた条件は、
産科がないこと。

幸せそうな妊婦さんと一緒に待合室で並びながら
不妊治療をするなど耐えられそうにない。

これはと決めた婦人科の門をくぐり、
「あの、不妊症の診断をお願いしたいんですが・・・」
と小さい声で受付に声をかけました。

すると手渡されたのはびっしり項目の並んだアンケート。
よく見てみると、自分から「不妊・・・」などと
言いづらい言葉を口にしなくても、
書けば来院の理由が伝わるようにアンケートが作られている。
ちゃんと気を使ってくれているんだなあ、と
もしかしたら病院ならどこだって
当たりまえなのかもしれないことにじ~んときてしまう。

たまたま通えそうな範囲にあったので
選んだ病院なのですが、実にここはいい病院でした。
先生はよけいなことをしゃべりすぎないし、
看護婦さんは採血が上手で、気配りに長けている。

子宮卵管造影法という検査があります。
多少痛みがともなう検査なのですが、
この時もやさしい看護婦さんがそっと手を握っていて
くれたおかげで安心してがんばることができました。

2年間、この病院に通いました。
タイミングの指示を毎月受け、
ひと月ごとに浮き沈みを繰り返しました。

周期はいやというほど正確なタイプなので、
14日目を中心として通院と服薬、あるいは注射を行って、
30日前後にふりだしに戻る・・・
どうせ今回もダメだろうな、と常に自分を
「期待しないから落ち込まない」状態に
するように心がけてはいたものの、通院する前、
本で読んだ程度の知識で妊娠に挑戦しながら
毎月ガッカリさせられていた頃に比べれば、
先生の医学的知識に裏付けられた言葉と、
超音波により目で見ることのできる卵の画像は、
はるかに自分の子どもに近いところまできている、
という気持ちにさせてくれました。

2年目の終わり、この病院ではできない治療をするために
もっと大きな病院に行くことになりました。

「もしあちらに通うのが大変だったら
また戻ってきていいんですからね」

口数の少ない先生にやさしい言葉をかけていただき、
次の病院の紹介状を手に握りしめながら、
さいわい車で来ていたこともあって、
帰り道では運転しながらボロボロ泣きました。

とてもいい病院だったのです。
治療のあとも期待させるような余計なことは
一切言わなかったし、ダメとわかった時にも、
あたりまえのように次の指示を出してくれたから
「やっぱり私ってダメなの?」と落ちこまずにすんだ。

ここに通っているというそのことだけで、
まだ見ぬ赤ちゃんに一歩一歩近づけているような気がしていた。
内診台にあがって自分の卵子を見てもらうことによって、
いつかこの闘いの日々に出口が見えてくることを信じていた。

次の病院に行くことになり、
なんだか見放されたような気持ちになりました。
というかまあ、事実見放されたわけです。
ここに通ってさえいればいつか・・・
と思い続けてきたけれど、
ここでできることは、もうないのです。

やっぱり私は、
自分の子どもをこの胸に抱くことはないのかもしれない・・・


→「YOU CAN RUN ! の秘密 ~その3~」へ





0件のコメント

コメントの投稿

新規

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://youcanrun.blog59.fc2.com/tb.php/53-1e155378
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

eri

Author: eri
アレルギーっ子の母やってます。
♥長男ぺっち♥
2002年12月生まれ
乳・小麦・卵にアレルギーあり。
検査数値のわりに
反応が強いタイプ。

♥長女なっち♥
2006年4月生まれ
アレルギー検査結果、
軒並みスコアゼロ!
このままアレルギーに
縁のない生活を送れるのか!?

最近の記事

ブログ内検索

 

YOU CAN RUN !!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。