Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://youcanrun.blog59.fc2.com/tb.php/54-872c5b91
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

YOU CAN RUN ! の秘密 ~その3~

はじめての妊娠がわかったのは、
2番目の病院に通いはじめて
ちょうど1年あまりが過ぎた時でした。

2年間、前の病院でさまざまな検査をしてきたけれど、
病院が変わればまた一から調べなおし。
もうすでに一度調べたことなのに。
こうしてまた同じことを調べているうちに
ひとつひとつ、私の卵子が死んでいく・・・

焦りを感じはじめていたある日のことです。
今回もダメだったら人工授精も視野に入れましょう、
そんなふうにも言われ、とりあえず今回は様子見という状況。
ちょっとひと休み、生理がきたら検査をして
次の手を考えましょう、ということなので
今までとなにを違ったことをしたわけでもない、
むしろ薬などはなにも飲んでいなかったにもかかわらず、
生理が遅れ、なかなかやってきません。

7年近く不妊が続いていれば
さすがに経験も豊富になっていますので、
「よくあるよ、このくらい遅れることはさ」
とすっかり斜めに構えながら受診したところ、
妊娠と診断されました。

自分でもまさか今回はあるまいと思っていたため、
はじめはそうと聞かされても狐に化かされたよう。
看護婦さんは「ほら見てください!」
と検査の結果を手で振りかざして笑いかけてくれましたが、
正直、その瞬間はうれしいという感情はなかったように思います。
むしろ、こんなだまし討ちみたいにゴールに着いちゃうなんてあり!?
努力の末に、という実感があれば喜びもするけれど、
こんなだまし討ちみたいにゴールさせられてしまうのだとしたら、
今までの苦労はいったいなんだったのだろう?
できるならできるで、こうしたからできた、
という科学的実証がなければ納得しかねるじゃないか、
と憤りさえ感じるほどだったような気がします。

けれど考えてみれば、
世の中の多くの人はなんの苦労もなく
自然に妊娠、出産というイベントをこなしていくのだろうし、
悔しいけれど、妊娠、出産というものは
どれだけ苦労したからこう報われる、
というものではないんですよね。

ちなみに、この時先生の方はいたって冷静、
確か「おめでとうございます」の言葉もなく、
淡々と「妊娠してますね」とおっしゃいました。
不妊治療の先生というのはみなさんそうなのでしょうか。
2番目の病院の先生も、よけいなことを言わない方でした。
それはおそらく、妊娠がかならずしも
出産に結びつくものではないということを
よくご存知だからなのではないかと思います。
「おめでとう」と言われた数だけ、
もしものことがあった時には辛くなりますから。

ようやく念願の妊娠をしたものの、
喜んでいる余裕は私にはありませんでした。
妊娠はしたものの、
出産できなければまた振り出しに戻る、です。
喜ぶというよりは、このチャンス、
絶対実らせなければ後がないとの思いがあまりにも強かった。

なんとしても無事に産みたい!

こうして、不安だらけの妊娠生活がスタートしました。
私ほど流産の種類や異常妊娠の症状に
くわしい妊婦もいるまい、と思うくらい
マイナスな情報をかき集めては、
でも○○週だからもうこれはないな、
これはもうクリア、と週数の進行とともに
不安な要素をひとつひとつつぶしていき、
ようやく安定期に突入していきました。

今思えば、一人目の子は本当に順調だった。
超音波の映像を見るたびにメキメキと大きくなっていったし、
心拍も電車の音みたいにドクドク元気に波打っていた。

出産の時もおおむね順調。
破水からはじまり、なかなか陣痛がつかないので
陣痛促進剤を使ったり、ということはありましたが、
予定日ぴったりに、大きすぎも小さすぎもしない
キロ数で無事この世に生まれてきました。

おなかにいるうちが花よ~というのは本当で、
出産後は夜泣きでなかなか眠らせてもらえず
辟易したのも事実ですが、
それでもすやすやと眠っている寝顔を見つめていると、
我が身の幸運が信じられない思いでした。

この私に息子がいるなんて。
自分の子どもをこの腕に抱くことができるなんて。

これ以上の幸せはこの世にありえない。
そう思っていました。


→「YOU CAN RUN ! の秘密 ~その4~」へ




0件のコメント

コメントの投稿

新規

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://youcanrun.blog59.fc2.com/tb.php/54-872c5b91
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

eri

Author: eri
アレルギーっ子の母やってます。
♥長男ぺっち♥
2002年12月生まれ
乳・小麦・卵にアレルギーあり。
検査数値のわりに
反応が強いタイプ。

♥長女なっち♥
2006年4月生まれ
アレルギー検査結果、
軒並みスコアゼロ!
このままアレルギーに
縁のない生活を送れるのか!?

最近の記事

ブログ内検索

 

YOU CAN RUN !!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。