Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://youcanrun.blog59.fc2.com/tb.php/61-b7ade2fa
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

YOU CAN RUN ! の秘密 ~その10~

次に通院した時、
「やはり育っていないので手術することにしましょう」
と言われるのはもう覚悟していました。

今日もこの婦人科には、たくさんの女性が訪れて、
自分の名前が呼ばれるのを待っています。

数年前は、私も毎月の浮き沈みを繰り返しながら、
いつか結果が出ることを信じてここに座っていました。

あの頃は妊娠さえすればと思っていたけれど、
妊娠はしたものの・・・っていうのも
それはそれで辛いものがあるよね。

なにもしないで待っていると、
「もしかして、もしかしてってこともあるかもよ」
などとよけいなことを考えてしまいそうになるので、
手近な雑誌を手にとって、パラパラとめくってみました。

すると、たまたま広告のコピーで

「YOU CAN RUN!」

という言葉を目にしました。


ああなんか、これっていい言葉かも。


その言葉を見た瞬間、
私は「ああ、そうだなあ」と思ったのです。


ああ、そうだなあ。私、まだ走れるなあ。


不妊治療は出口の見えないマラソンのようなものです。
でも、ずっと走り続けてきました。

どこまで続くのかわからない、
ゴールの見えないマラソン。

もしかしたら、どこまで走っても
ゴールなんて存在しないのかもしれない。

簡単にゴールする人にとっては
あっという間の短距離レースかもしれないのに、
ある人にとってみれば、
世界の果てまで走り続けたとしても
ゴールは存在しないアンフェアなマラソンレース。

途中の景色だって、
走りながら気持ちが紛れるような
眺めのいいとこなんかちっともない。
今度こそゴール?と思った次の瞬間には崖っぷち。
激しいアップダウンの繰り返し。
最悪のコースといっても過言ではない。

併走してくれる誰かがいるわけでもない。

夫婦の関係と、
男性側の子どもに対する考え方にもよるのでしょうが、
わが家の場合、こと不妊と流産に関しては、
うまくいかないことが生じた場合、
私は産むことのできないわが子を思って泣き、
夫は子どもではなく私の体のことを心配する、
という温度差があったため、
夫婦で一緒に走っているレース
という感覚はありませんでした。

仕方ありません。
卵子を大事に体内に抱えている女性と、
精子を放出したら最後、出産が終わるまで
子どもと対面することのない男性とでは、
どうしても感覚が違ってくるのです。
彼にとって、産まれなかった子どもは
まだ存在していないのですから、
私のことだけを心配するのは
当然の心の動きといえるでしょう。

併走してくれる誰かがいるわけでもない、
たったひとりの、
ひたすら苦しいだけのマラソンレース。

それでも、
どんなに苦しくても、先が見えなくても、
走るのをやめてしまったら
レースはそこで終わってしまいます。

止まってしまったら、
これまでこんなに走り続けてきたというのに、
行く手にゴールがあったのか、なかったのかを
知ることすらもできなくなってしまう。
だから、まだ止まるわけにはいかない。

走り出すのも自分。
止まるのを決めるのも自分。

たとえゴールなんかなくても、
走ることに意義がある?
走り続けることに意義がある?

いいえ、ことこれに関しては結果がすべて。

不妊治療のおかげで
人の痛みがわかるようになった、
精神的に成長した、
確かにそういう面もあるかもしれないけれど、
それは決して目的そのものではありません。
正直に自分の心のなかを見つめてみれば、
走り続けるのはあくまでも
自分と自分の子どものためです。
そのために、いつかゴールに行き着くことを信じて、
ひたすらに前へ前へと走り続けるのです。

ゴールの見えない、辛く長いマラソンです。

けれど考えてみれば、こと不妊治療に限らず、
人生ってマラソンみたいなものなのかもしれませんね。

みんな、それぞれの目的のために走り続けている。

私の場合は、妊娠、出産というレースが、
思いのほか長距離のマラソンになりました。

でもとりあえず、

そうだなあ。私、まだ走れるなあ。


→「YOU CAN RUN ! の秘密 ~その11~」へ



0件のコメント

コメントの投稿

新規

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://youcanrun.blog59.fc2.com/tb.php/61-b7ade2fa
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

eri

Author: eri
アレルギーっ子の母やってます。
♥長男ぺっち♥
2002年12月生まれ
乳・小麦・卵にアレルギーあり。
検査数値のわりに
反応が強いタイプ。

♥長女なっち♥
2006年4月生まれ
アレルギー検査結果、
軒並みスコアゼロ!
このままアレルギーに
縁のない生活を送れるのか!?

最近の記事

ブログ内検索

 

YOU CAN RUN !!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。