Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://youcanrun.blog59.fc2.com/tb.php/62-96fa05b6
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

YOU CAN RUN ! の秘密 ~その11~

全然妊娠できなかったうえに、
妊娠できるようになったと思ったら
今度は流産の繰り返し。

これはきっとなにか原因があってのことに違いない。

1回目の流産では、
たまたま運が悪かった子と思うと不憫でたまらず、
泣けて泣けて仕方なかったのですが、
いまやこれはなにかしらの必然
と考えるようになっていたので、
今回は育たなかったわが子を悼む気持ちは
それほどこみあげてはきませんでした。
むしろ、必然であるのならば、
できるだけのことをしてその原因を
突き止めてやろう、という気持ちが強くなっていました。

2回目は出血さえまったくない状態の稽留流産でしたが、
超音波で胎嚢が育っていないことが確認されたため、
子宮内容除去の手術をすることになりました。

手術が終われば、また走り出せる。

そう思っていたので、
病院に着いた時にもいたって冷静。
最初に心拍が確認できないと聞いた時にも冷静だったし、
手術をしましょう、と言われた時にも冷静だった。
われながら気丈だなあ、
などと自画自賛しながら内診台に上がりました。

かたわらには、超音波の映像がありました。
育つことがかなわず、すでに形の崩れはじめた
胎嚢の姿を目にした時、


これでこの子の姿も一生の見おさめ


そんなふうに思ってしまったのがいけなかった。


さようなら

さようなら


制御のしようもなく涙がこぼれ落ちてきて、
ぐしゃぐしゃな顔のまま、
麻酔の眠りに吸い込まれていきました。


ねえ先生、
ちょっと麻酔の量が足りなかったんじゃないの?


起きたらすでに手術が終わっていた前回と違い、
2回目はどうやら手術の終わり際に
意識が戻ってきてしまったようで、


うわあちょっと。ちょっとそれ、痛いんですけど。


なにかすごいことをされているなあ
ということはわかるものの、
手足の感覚は麻痺して動かすこともできず、
けっこう嫌な感じを味わいました。

後で聞いたところによると、
今回は前回と比べて手術後の子宮の収縮が悪く、
そのため処置に思いのほか時間がかかった
とのことでした。
別に麻酔の量が少なかったわけではなく、
時間自体が延びてしまったわけですね。

子宮の収縮が悪かったというだけあって、
手術後の、後陣痛にも似たキューン、キューン、
という痛みは前回ほど感じませんでした。

今回も隣のベッドには若い女の子がいて、
今度の彼女は、手術前も手術後も
若い男の子がずっと付き添っていたから
精神的にもとても落ちついた感じで、
帰りにも笑顔を見せながら去っていったから、
なんだかホッとしてしまいました。

→「YOU CAN RUN ! の秘密 ~その12~」へ



0件のコメント

コメントの投稿

新規

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://youcanrun.blog59.fc2.com/tb.php/62-96fa05b6
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

eri

Author: eri
アレルギーっ子の母やってます。
♥長男ぺっち♥
2002年12月生まれ
乳・小麦・卵にアレルギーあり。
検査数値のわりに
反応が強いタイプ。

♥長女なっち♥
2006年4月生まれ
アレルギー検査結果、
軒並みスコアゼロ!
このままアレルギーに
縁のない生活を送れるのか!?

最近の記事

ブログ内検索

 

YOU CAN RUN !!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。