Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

すんごく共感しちゃいました。

すみません。
自分が思っていたのに見つけられなかった言葉を、
eriさんが引っ張り出してくれたみたいで
なんだかもう…。

今年少の姫、2歳で完全解除→3歳7ヶ月で再除去です。

早いと思われるかもしれませんが、
私も学校給食についてよく考えます。

私、小学校でも、給食の牛乳は止めてもらいたいんです。
姫は、RAST検査で一度0になったのに
毎日牛乳飲んでいたらスコア3になってしまいました。

いろんなアレルギー体質があります。
与え方がよくなかったのもあります。
だから、飲ませ続けたら再発するとは限らないのも分かります。

でも、姫は。
軽快しても完治はしないのでは?
と思えてならないのです。

減感作して、ある程度は食べられるようになってほしい。
でも毎日学校給食で、強制的に摂取させられるのは避けたい…。
怖いんです。
食べ続けて悪化して、完全除去に戻る。

そのとき、今回小麦が食べられなくなったように、
今まで大丈夫だったほかのものまでダメになったら?
と思うと、すごく怖いんです。

あ~・・・わかる・・・。

いつか書こうと思っている題材です。
 
ピカリンが最悪悪化したのは、小学校入学半年前。それまでだって除去していたのだけど、もう何から何まで反応するようになって、「ある程度の除去で 小学校はイケル?」と思っていたのですが、このとき、給食をあきらめる覚悟が出来ました。
でも、
そのときの気持ちは、「代替弁当大変だ!」という気持ちといっしょに、実はすごくほっとしたんです。
だって、もしも食べられるようになっても、小学校で与える量や質のそれらのものを毎日摂取して、大丈夫なのか? ダメになったりしないのか?途中で。
すごく不安だったのです。
だから、「この子は誰がどう見ても(←ここもポイント)絶対給食は食べられない!」状態になって、心の底はすごく落ち着いたというか。
除去に厳しいK先生の事は地元で有名で、その先生に「ダメ」と言われたのなら仕方ない、みたいな雰囲気もあり、そういう意味ではK先生であった事がすごくラッキーだったと。
今も、自分自身は除去する事がうちの子どもには良い、と思ってはいますが、公的機関を説得するには「主治医が・・・」と言わなければならず、この点、除去邁進型の主治医は、「重宝」なのです。重宝!

入学半年前に、あまりに悪化した状態というのは、「不幸」かもしれないけど、印籠渡された意味で、すごくラッキーだったと、言葉を恐れず言えば、そういう風にも思ってしまう。

だから、いろんな療法を追求したり悩んだりしている入学前のアレっ子母を見ると、もうそれは、重度アレルギーで給食が絶対無理だ、と宣告された母(私)の何十倍も苦しかったり悩んだりしているんだろうなあ、と思って、
言葉を失ってしまう。
私はそんな風にして通り過ぎてしまった地点で、みんな悩まなくちゃいけなくて、それは、本当につらい事だと思うのです。

K医師は、前から「給食と弁当の選択制にしたら良い」と言っているけど、私もそう思う。
みんないっしょじゃなきゃいけないから、つらくなるんだよな・・・。

eriさんなら、べっちに良い方法を、べっちと一緒に探していけると思う。

私があの番組を見て思ったのは、食べれても、食べられなくても、あなたが一番好きよ、というメッセージを、誰かがあの子に送ってくれていますように、ということ・・・。
  • 2007-10-04
  • 投稿者 : タケ
  • URL
  • 編集

まるさんへ

もう一度、あそこに戻るのがすごく怖い。

突きつめていくと、それにつきるような気がします。

食べられるようになるのはすごくうれしいんだけど、
食べていることによって、またコップがいっぱいに
なってきていたらどうしよう、って不安がつねにある。
なかなかすっきりと楽にはなれませんね…

学校給食、小麦と牛乳に頼りすぎなんだよね!
パン、うどん、パン、スパゲッティの繰り返し。
ごはんの方が少ないってどういうこと!?
しかも毎日牛乳1本。
いやだ、絶対にいやだ、怖い!怖すぎる!
除去自体はね、
慣れればできるようになるしなんとか続けていける。
でも、それ以外に出てくる精神的な問題…
お友だちと同じものを食べたいから無理してしまう、とか
医師の指示書がないからには給食は完食すべし、とか
まわりの環境とのせめぎあいのなかで
生じてくる問題というのが実に侮れないですね~。
  • 2007-10-04
  • 投稿者 : eri
  • URL
  • 編集

タケさま

ど~も~~!
いらっしゃいませ!
めずらしく平日昼間にレスをつけている私。
なにをかくそう風邪ひいてダウン!
寝てるのも退屈なので真面目に考えてみた。
ところにさっそくのコメントありがとうございます!

給食と弁当の選択制かあ…
給食って、いったいなんなんでしょうね?
食育の意味もある、出されたものは残しちゃいけない、
とか教育的な意味もあるんだとしたら
どうして給食費って払わなきゃいけないんだ?
教育の一環なら学校側で負担すればいいのに。
(でもってもっといいもの食わせろ!)
ホント、いまいち位置づけが曖昧なんだよね、給食。

番組、切なかったですね。
彼女のルームメイトも含め、
みんながんばってるんだなあ、と思うと
「大人なりの感想」「アレルギーっ子の親としての感想」も
もちろんあるにはあるのですが、
切なすぎてなかなか言葉にならない。
なんちゅ~の、戦時中に竹槍持って
お国のために!と訓練してた子どもたちに
「戦争はいけないことなんだよ」と言っても
しょうがないよね~みたいな切なさ?
君たちは健気だ!立派だ!としか言ってあげられない、みたいな。
すいません、わけわかんなくなりましたね…
  • 2007-10-04
  • 投稿者 : eri
  • URL
  • 編集

エリボンか2回コメントつけてくれた
理由が分かったから帰るね♪

って違うだろ!

うーん、うーん、うーん・・・
うなるよ、ワタシは。
うーん・・・
エリボンの言いたいこと、
考えている事、伝えたい事
分かるんだよ、でもうなるワタシ。
それはやっぱりムスコが
給食が絶対無理だと分かっている、
逆にそれがワタシは辛いよ。
お弁当持たせれば全て安心っじゃ
済まされない。
ムスコだって食べられるように
なりたいって思っているし、
食べられるようになる事を信じている。
なんかワタシがムスコを支える
コップが満杯になりそうだわ・・・
正直半年後がすごく怖いんだよね。

いきなり園でオムレツ食べろと
言われても、緊張すると思うし
まずは抵抗あると思う。
でも段々と慣れてきて、
いつかはみんなと何も変わらず
食べて行くのではないかな。
それでもぺっち君が食べたくないと
言い出したら食べなければいいのだと
思うしね。
ぺっち君、小学校までになんとか
食べられるようになると思うよ。
ワタシにはそれだけでも十分に
感じてしまうのです。



風邪、お大事にね♪

ほんと、難しい問題ですよね。。。うちの子、来年幼稚園入園の申し込み予定中(完全弁当制のとこしか近所にないので特に悩まずにすみましたが)ですが、今から小学校給食について考えてしまいます。
卵・牛乳・小麦、今は完全除去中だけど、少しは(誤食で病院送りにならない程度には)食べられるようになってほしいってのは切なる願いですが、でも給食でがんがん毎日食べさせられるのは勘弁して!せめて、つなぎや完全加熱
ものに限ってほしい、体調悪いときは加減させて、というのは欲張りじゃないですよね。。。
あの番組の女の子、健気で。だから見てて辛くなるんですが。でも。
私、中学・高校とずっと吹き出物に悩んでコンプレックス抱いてました。あの子、みんなと同じに食べられるようになりたい、という「今」のことしか見えてないんじゃないのかな?将来的に、お肌の状態とか気にするようになった時にどうなってるんだろう?てのがどうしても気になって。将来的なことも考えて、子どもの気持ちをなるべく尊重しつつも、周囲がストッパーになることも必要じゃないかしら、とかぐるぐる考えてしまいます。
以前、通った八戸の皮膚科、アトピー治療で有名だったのですが、待合室に重症の年頃の娘さんとかいて。声、かけられる雰囲気じゃなかった。小学校の時の友人が成人になってからアトピーになって、見た目を気にして家にずっとひきこもってる話とかも聞きますが、今は特に珍しくもない話ですよね。
食事のみの問題でもないし、ほんと、色々難しいですよね。。。しかし!学校もNHKも、「医者の判断」を免罪符にして逃げずに、その子自身の状態をよく見てあげて欲しいのですよ。。。
  • 2007-10-04
  • 投稿者 : にゃあ
  • URL
  • 編集

すごく読みいってしまいました

なんかね こころん中にど~んとは入ってきたよ
そうなんだよね 子供って 親のこと良く見てるんだよね
食べれるようになって欲しい 食べさせてあげたいって気持ちも 祐たん感じてるんだと思う
『今はだめだけど 大きくなったら食べれるようになるから』
私に言ったのね 私のためにも喜ぶ顔が 見たくって 
食べるってことが あるのにびっくりした
確かに 食べれるもの見つけては 二人でよかったね~って
喜んでたから 
ふと 私って そんなに期待をかけているんだろうか そう感じていました
だから この記事 すごく入ってきたよ で!!泣けた
子供って 純粋で一生懸命 それがパワーになったり 無理しすぎたり 本当ね 難しいと思うの だから 除去よりも解除が難しい 本当まさにそう思うのです

今まさに 小学校へ向けて準備の中 もう心がザワザワでね
こんな コメントで申し訳ないけど いま女の子を見て ペッチ君の子とも教えてもらって みんなの思いはひとつなんだよね
痛いほどよくわかるんですよ
本当切ないんです

もういいオバちゃんだから 今の私は 無理して食べれなくてもいいかな そう思うときもあるんですが
まだまだこれからいろんな経験を積んで行く祐たんに 食べれなくてもいいという結論は出せないよね
そして アレルギーと向き合っていつも こころに重くパンドラのようにある気持ち
私が決めなければならない
方向が間違っていないか 
本当に祐たんは これで言いと思ってくれるのか?
本当 こんなコメントでごめんなさいね
なんか ど~っと書いてしまいました ごめん

それとふと思ったのですが
ペッチ君 eriさんが 目に見えるところに居なくて 初めて園で食べる卵に 緊張したってことは無いかな?
それと 食べれないものはまずい この前祐たん アナフィラ起こしたヨーグルト美味しかったんだって まあ 大好きな豆乳ヨーグルトと似てるのもあるんだけど
内心は母 びっくりしました
まずいって言うと思ってたからさ
  • 2007-10-04
  • 投稿者 : 祐たんママ
  • URL
  • 編集

ナオさんへ

ハハハ、めずらしいよね、
早朝以外に私からコメントが入るのも(^ ^;
病欠したおかげで久々に思いきりネットサーフィンしたわ~

半年後…

確かに大変だと思う。
あおってどうする?だけど、本当にそうだと思う。
みんなが個々のお弁当を食べているっていうのと
まわりじゅう給食のなかで自分だけお弁当っていうのは
180度、まるっきり違う。
やっぱね、相当なストレスだと思うんだ…

うちは、「私が支えている」って意識がなくてね~
なんかさ、園であったこととか、イヤなことほど
話さないタイプなんだよね。
「支える」っていっても難しいわ~
なのでせめて彼を取り巻く環境に気を配って
いくしかないと思っているのだけど。
難しいです。

「食べられるようになる」と言ってくれてありがとう。
感謝!!!
  • 2007-10-04
  • 投稿者 : eri
  • URL
  • 編集

ぺっちくんの卵の感想は、緊張してしまっておいしく感じられなかったというのに1票。
この番組では本当に色々考えさせられますね。eriさんはいつも私が心の中でもやもやしている気持ちをうまく表現してくださるというか・・・。
うちの子の場合、解除中の乳・大豆は大好きで量をセーブするのに一苦労しています。で、食べ過ぎて痒くなってしまったときについ私が「あ、昨日アイス食べすぎたかな」てつぶやいたら、「ちがう!あせなの!」って一生懸命否定していて。人一倍食べたい気持ちが強い子なので食べられるものは食べさせてやりたい、けどコップをあふれさせるのは怖い。切ないです。
風邪お大事になさってください。

にゃあさんへ

ズキッ!

>みんなと同じに食べられるようになりたい、という
>「今」のことしか見えてないんじゃないのかな?

これ、まさに今のぺっちかも。

そうなんだよね、子どもには今がすべてだもんね。
そこは大人がうまく導いてやらないと…。

NHKにしても学校にしても、
やっぱ当事者でないと、医者の判断がすべてって思っちゃうよね。
でも、アレルギーっ子の親なら知っている。
医者の判断だけでアレルギーは説明できない。
家で掻いている現場を医師は見ているわけじゃないもんね。
ホント、理解してもらうって難しいことだなあ、
と番組を見てつくづくそう思いました。
  • 2007-10-04
  • 投稿者 : eri
  • URL
  • 編集

祐たんママさんへ

そうなのよね~!
私も祐たんママさんのコメント、ど~んと入ってきたわ。
私ね、絶対プレッシャーかけてないつもりだったのよね。
でも、「今日の給食なんだった?」
「お誕生日会、ケーキ食べた?」
なとど時々聞いた時、「わかんない!」とごまかす彼。
「食べられない」ことに対する不満をほとんど口にしない彼。
やっぱ、むか~しパックンチョの誤食の時に
私がワ~ワ~泣いたこととか覚えてるのかな?
それで、私にはそういうこと言っちゃいけないって思ってるのかな?
これまた深読みしちゃったりしてね。
単細胞ぺっち、まさかそこまで考えてないとは思うんだけど…。
『今はだめだけど 大きくなったら食べれるようになるから』
祐たんもそんなこと言ったんですか…。
私もね、ぺっちの「食べられるようになりたい」
これが、すごく重く感じられて。
成長してるな、って感激もさることながら
「この子無理してないかな?」ってすごく心配になってしまった。
私もいいオバちゃんなので(笑)
無理して食べれなくてもいいじゃん!と思ってる。
面の皮も相当厚いので、医師には「まだ食べれませーん」
と言っておいて指示書書いてもらえばいいや、くらい思ってるし。
でも、「みんなと同じ」を望んでいるぺっち。
その気持ちもできるかぎり尊重してあげたい。

祐たんママさんは間違ってないと思うよ。
進んだり下がったりだけど、精一杯迷いながら、
正しい方向に向けて、いつもがんばっているの、
みんな知ってますよ!

そうそう、「食べられないものはまずい」ってわけでもないのよね。
うちも豆乳ヨーグルトが大好き。(現在50gクリア)
前に誤食したパックンチョもおしりかゆがりながらも
「おいしかった!」って目を輝かせていたわ(^ ^;
  • 2007-10-05
  • 投稿者 : eri
  • URL
  • 編集

モモさんへ

私ももやもやなんですよ~。
この番組、切なすぎてね。
うまく感想が書けない。
で、ぺっちのことに引きつけて書いたらこうなりました。
うちも、卵もうどんもどんどん欲しがる。
「もっと」と言われた時に
「あんまり一気に食べるとかゆくなっちゃうからね」
「毎日少しずつ増やしていこうね」
と言っていたので、本人も「食べられるようになるために」
食べているんだ、と理解するようになったのかな?
もちろん理解してくれた方がいいんだけど、
それはそれで切ない気持ちになっちゃってね~
一人で毎日コーヒー飲んでる夫に対して
「コーヒーアレルギーになっちゃうよ!」
と叱りつけるぺっち。
「食べすぎ」=「アレルギーになる」と認識しているらしい…
う~ん、ちょっと違うんだけどね~~
  • 2007-10-05
  • 投稿者 : eri
  • URL
  • 編集

eri嬢、調子はどうですかー?

調子は良くなりましたかー?仕事に母にと
常に大忙しなeri嬢、一日まったりできたでしょうか。

あちらこちらのブログでこの番組の感想を
読んで、正直なんて言っていいのか…
私はこの番組は見ていないのだけど
みんながこれほど切なさを感じているというのは
なんだか悲しいわ。

今、うちの娘ってばまた負荷やってるんですけど…
やっぱり薬の量が足りてなかったみたいで。
あからさまに前回と違うんだけど。ちょっと薬どうよ?みたいな。
薬、効き過ぎ?これ止めたらどうなるの?
みたいな。コワ、怖すぎて薬止められないわ…

娘も卵嫌いみたいです。特にゆで卵。
豆腐も嫌いなんだよね…でもそうかと思えば
豆乳ホイップは大好き、一番驚いたのが
牛乳の味は好きなんですって。
昔は完全拒否してたのにさー(乳児だったけど)
びっくりしたわ。

正直、解除が進んで量が増えて…完食を
求められる事に恐怖を感じるよ。
だって、薬飲まないと飲めないんだけど。
飲み忘れたら、どうなるのかな?
これでも解除するの?みたいな。
卵も今は解除しているけど、薬止めたら
また去年みたいになるわけ?とか。
診断書、どんな感じで書かれるのかな。
…なんだかここ数日ちょっと悩み気味です(^_^;)



  • 2007-10-05
  • 投稿者 : サトワカ
  • URL
  • 編集

サトワカさんへ

この番組ね~(^ ^;
子どもたちがみんな健気でさ、
なのであんまり悪く言いたくないというか…
でもさ、あとからN○Kがくっつけたあのコメント、
ありゃあちょっと見過ごせない感じだわね。
で、いろいろ考えていて
どうも私のたとえっていまいちなんだけどさ、
アレルギーって、公害みたいなものじゃない?
食物アレルギーにかかわる当事者の多くは、
そう思っているんじゃないだろうか?
自然環境の悪化、市販されている食物の安全性の低下、
そういうものがアレルゲンに過敏に反応する体質を
作りだしてしまったのだ、と。
食物アレルギーについて知っていれば知っているほど、
「その食物自体」の問題が大きい、と考えるようになる。
それなのに、「医師が治った」と判断したとたんに
当のその食物を食べることが求められるってことに
すごく違和感があるわけだ。
たとえば花粉症の患者がたとえ症状よくなったとしても、
「あなたはもう治ったのだから」
スギ林に行って元気に遊んできなさい。
医者ももう治ったと言ってるんだから大丈夫でしょ?
とはならないと思うんだよね。
コップがまたあふれたらこまるからスギ林には行かないよね。
なのに、医師がOKと言った時点から
完食を求められてしまう食物アレルギーの不思議。
ある一線から急に食べられるようになるわけじゃないだろう?
だんだんと、ゆっくりと、だよね~?
アレルギーについて知らない人にわかりやすく説明するには
どうしたらいいんだろう、とずっと頭を悩ませていたのですが
これなら○HKさんにも通じるかしら?
やっぱ無理!?

  • 2007-10-06
  • 投稿者 : eri
  • URL
  • 編集

私は授乳中に米を食べすぎて、
せっかく寛解していた
米アレルギーが再発したので、
絶対アレルゲンは食べ過ぎない方が
良いと思ってます。

自分が食アレと知らずに
食べて調子が悪くなってを
繰り返してきたので、
アレルゲンは食べなくていいと
つい思ってしまうんだけど、
食事をして調子が悪くなったという
自覚のない娘は、どうしても食べたい気持ちを
優先させてしまいます。
来年からお弁当の娘、給食食べたいとか言うのかなぁ。
流石に最近はパン食べたいとは言わないけど、
私には無理やり米を食べさせようとします。
やっぱり一緒がいいのかなぁ(T_T。
  • 2007-10-06
  • 投稿者 : ゆうこりん
  • URL
  • 編集

↑ すっごく 納得
そうなんだよね 
食べれるようになったから ドンドン食べて行こうじゃないのよね
杉林のたとえに 笑いながらとっても納得
確かに 言わないもん 
体調とか 様子を見ながら食べようね なんだよね
バランスなんですよね

N0kさん 同じ枠で 食アレ扱って誤解をうまないように いろんな角度から見て 報道して欲しいです だめかな?
  • 2007-10-06
  • 投稿者 : 祐たんママ
  • URL
  • 編集

乗り遅れましたが

障がいやアレルギーであること等を含めてその子らしくいられるようサポートするのは本当に難しいですね。
季節柄か時折痒がる息子に薬を飲ませながら豆の負荷を続けてます。食べられると便利だから?食べられると嬉しいから?何の為の誰の為の負荷試験?自問自答する今日この頃です。
  • 2007-10-06
  • 投稿者 : ぽこ
  • URL
  • 編集

ゆうこりん様

ありがとう、ゆうこりん。
この言葉、ずっと覚えておくことにする。
「絶対アレルゲンは食べ過ぎない方がいい」
アレルギーに関するかぎり、
経験者の言葉は医師の言葉よりも重い。
医師の言葉を優先できるほど、
医学で解明されていないのが現状。
そこのところがね、当事者でないとなかなかわからないよね。
「医師の診断のもと、現段階で食べても問題がないとされている」
から大丈夫だ、と信じきれないところに
食物アレルギーの難しさがある。
どうせならそういうところに焦点を当てた報道を
お願いしたいものだと思う。
  • 2007-10-07
  • 投稿者 : eri
  • URL
  • 編集

祐たんママさんへ

あ、笑えた?
もう、祐たんママさんが笑ってくれたなら
それだけでもう大満足よ♪
そうだよね、花粉症経験者だったら、
たとえ症状おさまってきたとしても
スギ林に行くのは絶対怖いよね~?
友だちもみんなで一緒に行って励ますから
がんばって行ってみよう!とはならないよね?
それが、食物アレルギーになったとたん、
「必要な栄養素」とかって話が出てきて
問題がややこしくなってくるんだよね…
個々の家庭の方針もあると思うので、
あまり踏み込んだことも言いづらいものがあるのですが、
あの内容は報道の姿勢としてどうか、というのは本当に思いますね。
  • 2007-10-07
  • 投稿者 : eri
  • URL
  • 編集

ぽこさんへ

こんな記事ですみません。
非常に個人的な右往左往の書きなぐりなので、
アップしようかどうしようか迷ったのですが…
本当にね、
なんのためのだれのための負荷?
私もそう迷うことの繰り返しです。
自分の食事作りが楽になるから?
子どもがみんなと同じものを食べられて喜ぶから?
でも、だからって無理して食べたらよくないんじゃないかな?
あとからまた数値が跳ね上がってきたりしたらどうしよう?
負荷しながらもどこか怯え続けている。
無理させるのも、怯えずにはいられないのも、
どっちも愛情から出ていることには違いないんだけどね。
「その子らしくいられるように」
本当に、難しいですね。
  • 2007-10-07
  • 投稿者 : eri
  • URL
  • 編集

いっぱい考えました。

eriさんの文章や他の方のコメントを読んで。

今、自分のおかれている状況が、
除去以外に考えられないので、
番組のお子さんも除去させてあげればいいのにと
思っていましたが、子ども自身の立場に立てば、
がんばって食べられるようになるのならがんばりたい!
そう思っても当然ですよね。
がんばらなくてもいいんだよと伝えてあげるのは
周りの大人でなくちゃいけないんだけど。

除去より解除が難しい。
まったく同感です。
そして、
なんのためのだれのための負荷?
これも今悩んでいることです。
絶望的な検査結果を見ながら、
これで負荷試験をする意味はあるの?
いろんな検査をして何が知りたいの?
知ってどうしたいの?
まだ3歳の子どもに無理して食べさせなければならない食材なの?
・・・
逆に、
除去で症状がないからってずっと安穏としていていいの?
除去さえしていれば近い将来食べられるの?
今始めなければ治るものも治らないかもしれない?
・・・

アレルギーでもいいじゃない。
安心できない素材で作られた給食で完食を迫られるより、
自分が作った安全なお弁当を食べさせてあげられるほうがいいじゃない。

そんな自分もいます。

最近のお母さん方の中には、給食の質に
危機感を感じておられる方も多く、
アレルギーではないけどお弁当を持たせたいとか
牛乳は飲ませない方針という人もいますよね。
堂々と自分の食べさせたいものだけを
食べさせてあげられるアレルギーっ子。
ある意味、すごい特権だとも思います。

って、まとまりなくすみません。
思いは尽きません...。
  • 2007-10-07
  • 投稿者 : しーば
  • URL
  • 編集

しーばさんへ

そうなのよね。
彼女は、がんばることが自分にとって
一番いいことなのだと信じているのよね。
なにを正しい道だと決めて子どもにそう伝えるべきか。
大人の責任の重さについて
考えさせられずにはいられない番組でしたね。

うちは3歳の時、数値が低くなったわりには
小麦に一口で玉砕し…
しばらくは除去続行、とは決めたものの
まさしく

>除去で症状がないからってずっと安穏としていていいの?
>除去さえしていれば近い将来食べられるの?
>今始めなければ治るものも治らないかもしれない?

そう思う気持ちから逃れられず…
結局3歳半くらいから少量ずつの負荷をはじめ、
現在に至っています。

>安心できない素材で作られた給食で完食を迫られるより、
>自分が作った安全なお弁当を
>食べさせてあげられるほうがいいじゃない

これも本当にそのとおり!
そう思っているのに、
今日は保育園の運動会、
お友だちからもらったラムネを食べさせるか否か…
「小麦とか牛乳とか入ってる?」
「食べてもカイカイにならない?」
と確認しに来る息子。
なんだか急に切なくなってしまって、
やはりなんとしても
同じものを食べられるようにしてやりたい、
と急に思い直したりする…

ホント、小さなことで
揺れたり迷ったりを繰り返しています。
私もまとまりはなく、思いはつきません(^ ^;
  • 2007-10-07
  • 投稿者 : eri
  • URL
  • 編集

ご無沙汰です!!!

こんにちは~!
久々に遊びに寄せていただきました。
もう・・・吸い込まれるように読ませて貰いました・・・。
今、我が家も乳製品解除に向けていろいろとドキドキしながら、小学校とも話をしながら進めている真っ最中です・・・。
胸がキューと痛くなって涙があふれ出てきました。
みんな子供たちはがんばってるんだなぁ~って
ほんとに無理は禁物だからよけいに子供は・・・ん?・・・いけるのに・・・なんで?などいろんな疑問を抱いていると思います・・・。
子供の小さな心で頭でいろんな事を考えて、感じて・・・
ほんとに一緒にがんばろうね!って抱きしめてあげたくなります・・・。

ゆっくりと落ち着いてお互いがんばっていきましょうね・・・。

ホームベーカリー購入されたんですね~!
私も欲しくってほしくって・・・
今いろいろ調べて検討中です・・・。

また遊びに来ま~すv-222

tomoさん、いらっしゃい!

ホントですよね。
親がポロッと言ったことも、
子どもは本当に真摯に受け止めて
必死でがんばっちゃったりするんですよね。
親がしっかりしないとなあ・・・。
小学校、不安いっぱいです。
年中なのでまだまだ先なんですけどね(^ ^;
先輩、いろいろ教えてくださいね!
  • 2007-10-13
  • 投稿者 : eri
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://youcanrun.blog59.fc2.com/tb.php/83-51cb2151
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

続 食べられるようになりたいんだもん


食物アレルギーっ子界で物議(?)をかもしているこの番組…

みんな生きている 「食べられるようになりたい」 

たんぽぽさんのところをはじめとして、
みなさんいろいろ意見を書きこみされてますし、
私自身としては、賛否はいろいろあるでしょうが

彼女があれだけがんばっている姿を見ていると、
あまり批判的なことを言うのもしのびない
というのが本当のところなので、

この記事はあくまでも、
番組を見ての「わが家」的感想です。



最近ね、小学校のことばかり考えています。

だもので、この番組には非常に考えさせられました。



ぺっち、10月より
いよいよ給食で加熱の卵を解除にしました。


先日、スペイン風オムレツが給食に出ました。


3歳でこの保育園に転園して以来、
彼が給食で卵を口にするのははじめてのことです。


こちらも緊張して見てました!とは担任の先生の談。


帰途に聞いてみました。


「ぺっち~、今日の給食どうだった?」


答えるのが面倒だと、すぐに「わからない!」
と言ってごまかすぺっちなのですが、
この日はそう質問するとパッ、とこっちを向き


「今日ね、ぺっち卵食べられた!」


と、いかにも「びっくりしちゃった」という
表情で報告してくれました。


「へ~、そうなんだ。おいしかった?」






「ちょっと苦手だった」







え???(・o・)







…そうなんです。






先生いわく、一口食べてはみたものの
いまひとつ食が進まず、
時間をかけてようやく完食したとのこと。






ドキドキドキドキ…





なんかね、もう、内心ドキドキしちゃうわけですよ。





自宅ではいつも食卓に出すと真っ先に
卵焼きからパクッと食べちゃうぺっちなのにどうして?

喜んで完食するとばかり思ってたのに。

苦手だってどういうこと?

なんか、自分でもヤバイ感じがしたのかな?

やっぱり解除はまだ早かったのか!?


自宅での卵焼きやゆで卵は大好きで食べている
彼なので、単にこの日のオムレツが
いまいちだっただけなのだとは思うのですが…

園では毎日玄関に給食の見本をおいてくれるのですが、
見た目はスペイン風オムレツというよりは
野菜入り卵焼きというか…

スペイン風オムレツという
洒落た言葉の響きとは裏腹に実に素朴な感じの卵焼きで、
卵にかこつけてなんとか野菜を食べさせようぜ、
という制作者側の意図がひしひしと感じられる食品だった。

好き嫌いの多いぺっちだからさ、
きっと中味の野菜がいやだったんだよね。
うん、きっとそうに違いない。

しかも、みんなのオムレツはチーズ入りなのよね。
ぺっちのはチーズ抜きだから、
単に野菜が入ったってだけで
確かに味はイマイチなのかもしれないよ。

でもさ、考えてみたら
加熱で一個いけたっていってもさ、
お高いヨード卵光とかさ、
そういうのでしか試してないんだよね。
もしかして、12個いくらの庶民的(?)な卵も
試してからの方がよかったんじゃないか!?
いや、でも加工品も試してるわけだし、
まさかそこまで、ねえ…?



…と



解除はしてみたものの、
「苦手だった」という息子の言葉を深読みして
内心、右往左往してしまう母…




アレルギーっ子は、
口にした時に「ヤバイ」ものは自分でわかるものだ。
ゆえに、本人の好みは尊重した方がいい。



て、よく言いますよね。



なので、「苦手」とか言われるとね、
よっしゃ~と一大決心した卵解除なわけですけど、
一気にグラついてきちゃいますよ。



ぺっちの場合、これまで
卵も小麦もとにかく「食べてみたい」。



食べてみると「おいしい」。



そんな感じだったもので、


本人がおいしく食べられているからには大丈夫なのかな?

おいしく食べられているってことは
だんだんと寛解してるってことなのかな?


と、ついつい、いい方に考えてきたのですが

先日、夕飯にもうどんを食べたがった時に



「食べられるようになりたいんだもん」



という言葉を聞いて以来、ちょっと考えました。






本当に、これまで卵焼きやうどんはおいしかったのかな?

もしかして、「食べられるようになるために」

「おいしい」って思いこもうとしてるんじゃないかな?














…考えすぎ?






だよね~、単細胞ぺっちがそこまで考えてるわけないよね~
アーッハッハッハッハ、杞憂、杞憂!






でもね、




0歳からの保育園生活、
ず~っとみんなと同じものはダメと言われ続けてきたぺっち、



卵や牛乳に対する憧れって、ものすごくあるんだと思う。



本当はおいしくなくても、
食べられるようになるために


「おいしい」と言ってしまいかねないくらいに…。





で、ようやく冒頭の「みんな生きている」に戻るわけですが、
嫌いなものもなんとか完食して
家族と一緒に暮らせるようにってがんばってる彼女の姿がね、



「食べられるようになるために」
積極的に卵やうどんを欲しがるぺっちと重なったりしたわけですよ。



なんだかうまく書けないのですが…


子どもって、純粋なだけに、
ある切実な願いがそこにあると、
しなくてもいい無理もがんばってできてしまうものなのかもしれない。

やっぱさ~、批判的なことを言うのもしのびない
と言いつつもひとことだけ書いちゃうけどさ、
あんまり子どもに無理させちゃいけないよね。



解除は除去以上に難しい。




ゆっくり、進んでいけたらいいな。




最近ね、小学校のことばかり考えているのですが

今、給食で卵の解除に取り組み始めているぺっち、
もしかして万が一うまくいったなら、
小学校入学時には卵が解除になっているかもしれません。

まあ、あくまでも希望的観測、
その時になってみなきゃわかりませんが、
もしかしてうまくいったなら億が一、
入学までに小麦もある程度のところまでいっているかもしれません。


もしそうなったとしたら、どうなるんだろう?


よかったじゃない!おめでとう!


うん、そうだよね、
それをずっと望んでがんばってきたんだもんね。



でも待てよ、そんなに単純に喜んでいていいのかな?



もし解除になっていて、
医師ももう除去の指示書を書いてくれなかったとしたら、
この番組の女の子みたいに
これまでのアレルゲンも完食することが求められるのかな?


なんかね、そう思うと、
いっそのこと下手に解除にならない方が
いいんじゃないかと思えてきましたよ。


ある時を境に、一気に
食べられるようになるってものじゃないんだよね。

だんだんと、食べられる量が増えていくんだよね。

息子がゆっくりと進んでいけるよう、
この先に広がる道を地ならししていかなければと、
今、あらためて痛感しています。




24件のコメント

すんごく共感しちゃいました。

すみません。
自分が思っていたのに見つけられなかった言葉を、
eriさんが引っ張り出してくれたみたいで
なんだかもう…。

今年少の姫、2歳で完全解除→3歳7ヶ月で再除去です。

早いと思われるかもしれませんが、
私も学校給食についてよく考えます。

私、小学校でも、給食の牛乳は止めてもらいたいんです。
姫は、RAST検査で一度0になったのに
毎日牛乳飲んでいたらスコア3になってしまいました。

いろんなアレルギー体質があります。
与え方がよくなかったのもあります。
だから、飲ませ続けたら再発するとは限らないのも分かります。

でも、姫は。
軽快しても完治はしないのでは?
と思えてならないのです。

減感作して、ある程度は食べられるようになってほしい。
でも毎日学校給食で、強制的に摂取させられるのは避けたい…。
怖いんです。
食べ続けて悪化して、完全除去に戻る。

そのとき、今回小麦が食べられなくなったように、
今まで大丈夫だったほかのものまでダメになったら?
と思うと、すごく怖いんです。

あ~・・・わかる・・・。

いつか書こうと思っている題材です。
 
ピカリンが最悪悪化したのは、小学校入学半年前。それまでだって除去していたのだけど、もう何から何まで反応するようになって、「ある程度の除去で 小学校はイケル?」と思っていたのですが、このとき、給食をあきらめる覚悟が出来ました。
でも、
そのときの気持ちは、「代替弁当大変だ!」という気持ちといっしょに、実はすごくほっとしたんです。
だって、もしも食べられるようになっても、小学校で与える量や質のそれらのものを毎日摂取して、大丈夫なのか? ダメになったりしないのか?途中で。
すごく不安だったのです。
だから、「この子は誰がどう見ても(←ここもポイント)絶対給食は食べられない!」状態になって、心の底はすごく落ち着いたというか。
除去に厳しいK先生の事は地元で有名で、その先生に「ダメ」と言われたのなら仕方ない、みたいな雰囲気もあり、そういう意味ではK先生であった事がすごくラッキーだったと。
今も、自分自身は除去する事がうちの子どもには良い、と思ってはいますが、公的機関を説得するには「主治医が・・・」と言わなければならず、この点、除去邁進型の主治医は、「重宝」なのです。重宝!

入学半年前に、あまりに悪化した状態というのは、「不幸」かもしれないけど、印籠渡された意味で、すごくラッキーだったと、言葉を恐れず言えば、そういう風にも思ってしまう。

だから、いろんな療法を追求したり悩んだりしている入学前のアレっ子母を見ると、もうそれは、重度アレルギーで給食が絶対無理だ、と宣告された母(私)の何十倍も苦しかったり悩んだりしているんだろうなあ、と思って、
言葉を失ってしまう。
私はそんな風にして通り過ぎてしまった地点で、みんな悩まなくちゃいけなくて、それは、本当につらい事だと思うのです。

K医師は、前から「給食と弁当の選択制にしたら良い」と言っているけど、私もそう思う。
みんないっしょじゃなきゃいけないから、つらくなるんだよな・・・。

eriさんなら、べっちに良い方法を、べっちと一緒に探していけると思う。

私があの番組を見て思ったのは、食べれても、食べられなくても、あなたが一番好きよ、というメッセージを、誰かがあの子に送ってくれていますように、ということ・・・。
  • 2007-10-04
  • 投稿者 : タケ
  • URL
  • 編集

まるさんへ

もう一度、あそこに戻るのがすごく怖い。

突きつめていくと、それにつきるような気がします。

食べられるようになるのはすごくうれしいんだけど、
食べていることによって、またコップがいっぱいに
なってきていたらどうしよう、って不安がつねにある。
なかなかすっきりと楽にはなれませんね…

学校給食、小麦と牛乳に頼りすぎなんだよね!
パン、うどん、パン、スパゲッティの繰り返し。
ごはんの方が少ないってどういうこと!?
しかも毎日牛乳1本。
いやだ、絶対にいやだ、怖い!怖すぎる!
除去自体はね、
慣れればできるようになるしなんとか続けていける。
でも、それ以外に出てくる精神的な問題…
お友だちと同じものを食べたいから無理してしまう、とか
医師の指示書がないからには給食は完食すべし、とか
まわりの環境とのせめぎあいのなかで
生じてくる問題というのが実に侮れないですね~。
  • 2007-10-04
  • 投稿者 : eri
  • URL
  • 編集

タケさま

ど~も~~!
いらっしゃいませ!
めずらしく平日昼間にレスをつけている私。
なにをかくそう風邪ひいてダウン!
寝てるのも退屈なので真面目に考えてみた。
ところにさっそくのコメントありがとうございます!

給食と弁当の選択制かあ…
給食って、いったいなんなんでしょうね?
食育の意味もある、出されたものは残しちゃいけない、
とか教育的な意味もあるんだとしたら
どうして給食費って払わなきゃいけないんだ?
教育の一環なら学校側で負担すればいいのに。
(でもってもっといいもの食わせろ!)
ホント、いまいち位置づけが曖昧なんだよね、給食。

番組、切なかったですね。
彼女のルームメイトも含め、
みんながんばってるんだなあ、と思うと
「大人なりの感想」「アレルギーっ子の親としての感想」も
もちろんあるにはあるのですが、
切なすぎてなかなか言葉にならない。
なんちゅ~の、戦時中に竹槍持って
お国のために!と訓練してた子どもたちに
「戦争はいけないことなんだよ」と言っても
しょうがないよね~みたいな切なさ?
君たちは健気だ!立派だ!としか言ってあげられない、みたいな。
すいません、わけわかんなくなりましたね…
  • 2007-10-04
  • 投稿者 : eri
  • URL
  • 編集

エリボンか2回コメントつけてくれた
理由が分かったから帰るね♪

って違うだろ!

うーん、うーん、うーん・・・
うなるよ、ワタシは。
うーん・・・
エリボンの言いたいこと、
考えている事、伝えたい事
分かるんだよ、でもうなるワタシ。
それはやっぱりムスコが
給食が絶対無理だと分かっている、
逆にそれがワタシは辛いよ。
お弁当持たせれば全て安心っじゃ
済まされない。
ムスコだって食べられるように
なりたいって思っているし、
食べられるようになる事を信じている。
なんかワタシがムスコを支える
コップが満杯になりそうだわ・・・
正直半年後がすごく怖いんだよね。

いきなり園でオムレツ食べろと
言われても、緊張すると思うし
まずは抵抗あると思う。
でも段々と慣れてきて、
いつかはみんなと何も変わらず
食べて行くのではないかな。
それでもぺっち君が食べたくないと
言い出したら食べなければいいのだと
思うしね。
ぺっち君、小学校までになんとか
食べられるようになると思うよ。
ワタシにはそれだけでも十分に
感じてしまうのです。



風邪、お大事にね♪

ほんと、難しい問題ですよね。。。うちの子、来年幼稚園入園の申し込み予定中(完全弁当制のとこしか近所にないので特に悩まずにすみましたが)ですが、今から小学校給食について考えてしまいます。
卵・牛乳・小麦、今は完全除去中だけど、少しは(誤食で病院送りにならない程度には)食べられるようになってほしいってのは切なる願いですが、でも給食でがんがん毎日食べさせられるのは勘弁して!せめて、つなぎや完全加熱
ものに限ってほしい、体調悪いときは加減させて、というのは欲張りじゃないですよね。。。
あの番組の女の子、健気で。だから見てて辛くなるんですが。でも。
私、中学・高校とずっと吹き出物に悩んでコンプレックス抱いてました。あの子、みんなと同じに食べられるようになりたい、という「今」のことしか見えてないんじゃないのかな?将来的に、お肌の状態とか気にするようになった時にどうなってるんだろう?てのがどうしても気になって。将来的なことも考えて、子どもの気持ちをなるべく尊重しつつも、周囲がストッパーになることも必要じゃないかしら、とかぐるぐる考えてしまいます。
以前、通った八戸の皮膚科、アトピー治療で有名だったのですが、待合室に重症の年頃の娘さんとかいて。声、かけられる雰囲気じゃなかった。小学校の時の友人が成人になってからアトピーになって、見た目を気にして家にずっとひきこもってる話とかも聞きますが、今は特に珍しくもない話ですよね。
食事のみの問題でもないし、ほんと、色々難しいですよね。。。しかし!学校もNHKも、「医者の判断」を免罪符にして逃げずに、その子自身の状態をよく見てあげて欲しいのですよ。。。
  • 2007-10-04
  • 投稿者 : にゃあ
  • URL
  • 編集

すごく読みいってしまいました

なんかね こころん中にど~んとは入ってきたよ
そうなんだよね 子供って 親のこと良く見てるんだよね
食べれるようになって欲しい 食べさせてあげたいって気持ちも 祐たん感じてるんだと思う
『今はだめだけど 大きくなったら食べれるようになるから』
私に言ったのね 私のためにも喜ぶ顔が 見たくって 
食べるってことが あるのにびっくりした
確かに 食べれるもの見つけては 二人でよかったね~って
喜んでたから 
ふと 私って そんなに期待をかけているんだろうか そう感じていました
だから この記事 すごく入ってきたよ で!!泣けた
子供って 純粋で一生懸命 それがパワーになったり 無理しすぎたり 本当ね 難しいと思うの だから 除去よりも解除が難しい 本当まさにそう思うのです

今まさに 小学校へ向けて準備の中 もう心がザワザワでね
こんな コメントで申し訳ないけど いま女の子を見て ペッチ君の子とも教えてもらって みんなの思いはひとつなんだよね
痛いほどよくわかるんですよ
本当切ないんです

もういいオバちゃんだから 今の私は 無理して食べれなくてもいいかな そう思うときもあるんですが
まだまだこれからいろんな経験を積んで行く祐たんに 食べれなくてもいいという結論は出せないよね
そして アレルギーと向き合っていつも こころに重くパンドラのようにある気持ち
私が決めなければならない
方向が間違っていないか 
本当に祐たんは これで言いと思ってくれるのか?
本当 こんなコメントでごめんなさいね
なんか ど~っと書いてしまいました ごめん

それとふと思ったのですが
ペッチ君 eriさんが 目に見えるところに居なくて 初めて園で食べる卵に 緊張したってことは無いかな?
それと 食べれないものはまずい この前祐たん アナフィラ起こしたヨーグルト美味しかったんだって まあ 大好きな豆乳ヨーグルトと似てるのもあるんだけど
内心は母 びっくりしました
まずいって言うと思ってたからさ
  • 2007-10-04
  • 投稿者 : 祐たんママ
  • URL
  • 編集

ナオさんへ

ハハハ、めずらしいよね、
早朝以外に私からコメントが入るのも(^ ^;
病欠したおかげで久々に思いきりネットサーフィンしたわ~

半年後…

確かに大変だと思う。
あおってどうする?だけど、本当にそうだと思う。
みんなが個々のお弁当を食べているっていうのと
まわりじゅう給食のなかで自分だけお弁当っていうのは
180度、まるっきり違う。
やっぱね、相当なストレスだと思うんだ…

うちは、「私が支えている」って意識がなくてね~
なんかさ、園であったこととか、イヤなことほど
話さないタイプなんだよね。
「支える」っていっても難しいわ~
なのでせめて彼を取り巻く環境に気を配って
いくしかないと思っているのだけど。
難しいです。

「食べられるようになる」と言ってくれてありがとう。
感謝!!!
  • 2007-10-04
  • 投稿者 : eri
  • URL
  • 編集

ぺっちくんの卵の感想は、緊張してしまっておいしく感じられなかったというのに1票。
この番組では本当に色々考えさせられますね。eriさんはいつも私が心の中でもやもやしている気持ちをうまく表現してくださるというか・・・。
うちの子の場合、解除中の乳・大豆は大好きで量をセーブするのに一苦労しています。で、食べ過ぎて痒くなってしまったときについ私が「あ、昨日アイス食べすぎたかな」てつぶやいたら、「ちがう!あせなの!」って一生懸命否定していて。人一倍食べたい気持ちが強い子なので食べられるものは食べさせてやりたい、けどコップをあふれさせるのは怖い。切ないです。
風邪お大事になさってください。

にゃあさんへ

ズキッ!

>みんなと同じに食べられるようになりたい、という
>「今」のことしか見えてないんじゃないのかな?

これ、まさに今のぺっちかも。

そうなんだよね、子どもには今がすべてだもんね。
そこは大人がうまく導いてやらないと…。

NHKにしても学校にしても、
やっぱ当事者でないと、医者の判断がすべてって思っちゃうよね。
でも、アレルギーっ子の親なら知っている。
医者の判断だけでアレルギーは説明できない。
家で掻いている現場を医師は見ているわけじゃないもんね。
ホント、理解してもらうって難しいことだなあ、
と番組を見てつくづくそう思いました。
  • 2007-10-04
  • 投稿者 : eri
  • URL
  • 編集

祐たんママさんへ

そうなのよね~!
私も祐たんママさんのコメント、ど~んと入ってきたわ。
私ね、絶対プレッシャーかけてないつもりだったのよね。
でも、「今日の給食なんだった?」
「お誕生日会、ケーキ食べた?」
なとど時々聞いた時、「わかんない!」とごまかす彼。
「食べられない」ことに対する不満をほとんど口にしない彼。
やっぱ、むか~しパックンチョの誤食の時に
私がワ~ワ~泣いたこととか覚えてるのかな?
それで、私にはそういうこと言っちゃいけないって思ってるのかな?
これまた深読みしちゃったりしてね。
単細胞ぺっち、まさかそこまで考えてないとは思うんだけど…。
『今はだめだけど 大きくなったら食べれるようになるから』
祐たんもそんなこと言ったんですか…。
私もね、ぺっちの「食べられるようになりたい」
これが、すごく重く感じられて。
成長してるな、って感激もさることながら
「この子無理してないかな?」ってすごく心配になってしまった。
私もいいオバちゃんなので(笑)
無理して食べれなくてもいいじゃん!と思ってる。
面の皮も相当厚いので、医師には「まだ食べれませーん」
と言っておいて指示書書いてもらえばいいや、くらい思ってるし。
でも、「みんなと同じ」を望んでいるぺっち。
その気持ちもできるかぎり尊重してあげたい。

祐たんママさんは間違ってないと思うよ。
進んだり下がったりだけど、精一杯迷いながら、
正しい方向に向けて、いつもがんばっているの、
みんな知ってますよ!

そうそう、「食べられないものはまずい」ってわけでもないのよね。
うちも豆乳ヨーグルトが大好き。(現在50gクリア)
前に誤食したパックンチョもおしりかゆがりながらも
「おいしかった!」って目を輝かせていたわ(^ ^;
  • 2007-10-05
  • 投稿者 : eri
  • URL
  • 編集

モモさんへ

私ももやもやなんですよ~。
この番組、切なすぎてね。
うまく感想が書けない。
で、ぺっちのことに引きつけて書いたらこうなりました。
うちも、卵もうどんもどんどん欲しがる。
「もっと」と言われた時に
「あんまり一気に食べるとかゆくなっちゃうからね」
「毎日少しずつ増やしていこうね」
と言っていたので、本人も「食べられるようになるために」
食べているんだ、と理解するようになったのかな?
もちろん理解してくれた方がいいんだけど、
それはそれで切ない気持ちになっちゃってね~
一人で毎日コーヒー飲んでる夫に対して
「コーヒーアレルギーになっちゃうよ!」
と叱りつけるぺっち。
「食べすぎ」=「アレルギーになる」と認識しているらしい…
う~ん、ちょっと違うんだけどね~~
  • 2007-10-05
  • 投稿者 : eri
  • URL
  • 編集

eri嬢、調子はどうですかー?

調子は良くなりましたかー?仕事に母にと
常に大忙しなeri嬢、一日まったりできたでしょうか。

あちらこちらのブログでこの番組の感想を
読んで、正直なんて言っていいのか…
私はこの番組は見ていないのだけど
みんながこれほど切なさを感じているというのは
なんだか悲しいわ。

今、うちの娘ってばまた負荷やってるんですけど…
やっぱり薬の量が足りてなかったみたいで。
あからさまに前回と違うんだけど。ちょっと薬どうよ?みたいな。
薬、効き過ぎ?これ止めたらどうなるの?
みたいな。コワ、怖すぎて薬止められないわ…

娘も卵嫌いみたいです。特にゆで卵。
豆腐も嫌いなんだよね…でもそうかと思えば
豆乳ホイップは大好き、一番驚いたのが
牛乳の味は好きなんですって。
昔は完全拒否してたのにさー(乳児だったけど)
びっくりしたわ。

正直、解除が進んで量が増えて…完食を
求められる事に恐怖を感じるよ。
だって、薬飲まないと飲めないんだけど。
飲み忘れたら、どうなるのかな?
これでも解除するの?みたいな。
卵も今は解除しているけど、薬止めたら
また去年みたいになるわけ?とか。
診断書、どんな感じで書かれるのかな。
…なんだかここ数日ちょっと悩み気味です(^_^;)



  • 2007-10-05
  • 投稿者 : サトワカ
  • URL
  • 編集

サトワカさんへ

この番組ね~(^ ^;
子どもたちがみんな健気でさ、
なのであんまり悪く言いたくないというか…
でもさ、あとからN○Kがくっつけたあのコメント、
ありゃあちょっと見過ごせない感じだわね。
で、いろいろ考えていて
どうも私のたとえっていまいちなんだけどさ、
アレルギーって、公害みたいなものじゃない?
食物アレルギーにかかわる当事者の多くは、
そう思っているんじゃないだろうか?
自然環境の悪化、市販されている食物の安全性の低下、
そういうものがアレルゲンに過敏に反応する体質を
作りだしてしまったのだ、と。
食物アレルギーについて知っていれば知っているほど、
「その食物自体」の問題が大きい、と考えるようになる。
それなのに、「医師が治った」と判断したとたんに
当のその食物を食べることが求められるってことに
すごく違和感があるわけだ。
たとえば花粉症の患者がたとえ症状よくなったとしても、
「あなたはもう治ったのだから」
スギ林に行って元気に遊んできなさい。
医者ももう治ったと言ってるんだから大丈夫でしょ?
とはならないと思うんだよね。
コップがまたあふれたらこまるからスギ林には行かないよね。
なのに、医師がOKと言った時点から
完食を求められてしまう食物アレルギーの不思議。
ある一線から急に食べられるようになるわけじゃないだろう?
だんだんと、ゆっくりと、だよね~?
アレルギーについて知らない人にわかりやすく説明するには
どうしたらいいんだろう、とずっと頭を悩ませていたのですが
これなら○HKさんにも通じるかしら?
やっぱ無理!?

  • 2007-10-06
  • 投稿者 : eri
  • URL
  • 編集

私は授乳中に米を食べすぎて、
せっかく寛解していた
米アレルギーが再発したので、
絶対アレルゲンは食べ過ぎない方が
良いと思ってます。

自分が食アレと知らずに
食べて調子が悪くなってを
繰り返してきたので、
アレルゲンは食べなくていいと
つい思ってしまうんだけど、
食事をして調子が悪くなったという
自覚のない娘は、どうしても食べたい気持ちを
優先させてしまいます。
来年からお弁当の娘、給食食べたいとか言うのかなぁ。
流石に最近はパン食べたいとは言わないけど、
私には無理やり米を食べさせようとします。
やっぱり一緒がいいのかなぁ(T_T。
  • 2007-10-06
  • 投稿者 : ゆうこりん
  • URL
  • 編集

↑ すっごく 納得
そうなんだよね 
食べれるようになったから ドンドン食べて行こうじゃないのよね
杉林のたとえに 笑いながらとっても納得
確かに 言わないもん 
体調とか 様子を見ながら食べようね なんだよね
バランスなんですよね

N0kさん 同じ枠で 食アレ扱って誤解をうまないように いろんな角度から見て 報道して欲しいです だめかな?
  • 2007-10-06
  • 投稿者 : 祐たんママ
  • URL
  • 編集

乗り遅れましたが

障がいやアレルギーであること等を含めてその子らしくいられるようサポートするのは本当に難しいですね。
季節柄か時折痒がる息子に薬を飲ませながら豆の負荷を続けてます。食べられると便利だから?食べられると嬉しいから?何の為の誰の為の負荷試験?自問自答する今日この頃です。
  • 2007-10-06
  • 投稿者 : ぽこ
  • URL
  • 編集

ゆうこりん様

ありがとう、ゆうこりん。
この言葉、ずっと覚えておくことにする。
「絶対アレルゲンは食べ過ぎない方がいい」
アレルギーに関するかぎり、
経験者の言葉は医師の言葉よりも重い。
医師の言葉を優先できるほど、
医学で解明されていないのが現状。
そこのところがね、当事者でないとなかなかわからないよね。
「医師の診断のもと、現段階で食べても問題がないとされている」
から大丈夫だ、と信じきれないところに
食物アレルギーの難しさがある。
どうせならそういうところに焦点を当てた報道を
お願いしたいものだと思う。
  • 2007-10-07
  • 投稿者 : eri
  • URL
  • 編集

祐たんママさんへ

あ、笑えた?
もう、祐たんママさんが笑ってくれたなら
それだけでもう大満足よ♪
そうだよね、花粉症経験者だったら、
たとえ症状おさまってきたとしても
スギ林に行くのは絶対怖いよね~?
友だちもみんなで一緒に行って励ますから
がんばって行ってみよう!とはならないよね?
それが、食物アレルギーになったとたん、
「必要な栄養素」とかって話が出てきて
問題がややこしくなってくるんだよね…
個々の家庭の方針もあると思うので、
あまり踏み込んだことも言いづらいものがあるのですが、
あの内容は報道の姿勢としてどうか、というのは本当に思いますね。
  • 2007-10-07
  • 投稿者 : eri
  • URL
  • 編集

ぽこさんへ

こんな記事ですみません。
非常に個人的な右往左往の書きなぐりなので、
アップしようかどうしようか迷ったのですが…
本当にね、
なんのためのだれのための負荷?
私もそう迷うことの繰り返しです。
自分の食事作りが楽になるから?
子どもがみんなと同じものを食べられて喜ぶから?
でも、だからって無理して食べたらよくないんじゃないかな?
あとからまた数値が跳ね上がってきたりしたらどうしよう?
負荷しながらもどこか怯え続けている。
無理させるのも、怯えずにはいられないのも、
どっちも愛情から出ていることには違いないんだけどね。
「その子らしくいられるように」
本当に、難しいですね。
  • 2007-10-07
  • 投稿者 : eri
  • URL
  • 編集

いっぱい考えました。

eriさんの文章や他の方のコメントを読んで。

今、自分のおかれている状況が、
除去以外に考えられないので、
番組のお子さんも除去させてあげればいいのにと
思っていましたが、子ども自身の立場に立てば、
がんばって食べられるようになるのならがんばりたい!
そう思っても当然ですよね。
がんばらなくてもいいんだよと伝えてあげるのは
周りの大人でなくちゃいけないんだけど。

除去より解除が難しい。
まったく同感です。
そして、
なんのためのだれのための負荷?
これも今悩んでいることです。
絶望的な検査結果を見ながら、
これで負荷試験をする意味はあるの?
いろんな検査をして何が知りたいの?
知ってどうしたいの?
まだ3歳の子どもに無理して食べさせなければならない食材なの?
・・・
逆に、
除去で症状がないからってずっと安穏としていていいの?
除去さえしていれば近い将来食べられるの?
今始めなければ治るものも治らないかもしれない?
・・・

アレルギーでもいいじゃない。
安心できない素材で作られた給食で完食を迫られるより、
自分が作った安全なお弁当を食べさせてあげられるほうがいいじゃない。

そんな自分もいます。

最近のお母さん方の中には、給食の質に
危機感を感じておられる方も多く、
アレルギーではないけどお弁当を持たせたいとか
牛乳は飲ませない方針という人もいますよね。
堂々と自分の食べさせたいものだけを
食べさせてあげられるアレルギーっ子。
ある意味、すごい特権だとも思います。

って、まとまりなくすみません。
思いは尽きません...。
  • 2007-10-07
  • 投稿者 : しーば
  • URL
  • 編集

しーばさんへ

そうなのよね。
彼女は、がんばることが自分にとって
一番いいことなのだと信じているのよね。
なにを正しい道だと決めて子どもにそう伝えるべきか。
大人の責任の重さについて
考えさせられずにはいられない番組でしたね。

うちは3歳の時、数値が低くなったわりには
小麦に一口で玉砕し…
しばらくは除去続行、とは決めたものの
まさしく

>除去で症状がないからってずっと安穏としていていいの?
>除去さえしていれば近い将来食べられるの?
>今始めなければ治るものも治らないかもしれない?

そう思う気持ちから逃れられず…
結局3歳半くらいから少量ずつの負荷をはじめ、
現在に至っています。

>安心できない素材で作られた給食で完食を迫られるより、
>自分が作った安全なお弁当を
>食べさせてあげられるほうがいいじゃない

これも本当にそのとおり!
そう思っているのに、
今日は保育園の運動会、
お友だちからもらったラムネを食べさせるか否か…
「小麦とか牛乳とか入ってる?」
「食べてもカイカイにならない?」
と確認しに来る息子。
なんだか急に切なくなってしまって、
やはりなんとしても
同じものを食べられるようにしてやりたい、
と急に思い直したりする…

ホント、小さなことで
揺れたり迷ったりを繰り返しています。
私もまとまりはなく、思いはつきません(^ ^;
  • 2007-10-07
  • 投稿者 : eri
  • URL
  • 編集

ご無沙汰です!!!

こんにちは~!
久々に遊びに寄せていただきました。
もう・・・吸い込まれるように読ませて貰いました・・・。
今、我が家も乳製品解除に向けていろいろとドキドキしながら、小学校とも話をしながら進めている真っ最中です・・・。
胸がキューと痛くなって涙があふれ出てきました。
みんな子供たちはがんばってるんだなぁ~って
ほんとに無理は禁物だからよけいに子供は・・・ん?・・・いけるのに・・・なんで?などいろんな疑問を抱いていると思います・・・。
子供の小さな心で頭でいろんな事を考えて、感じて・・・
ほんとに一緒にがんばろうね!って抱きしめてあげたくなります・・・。

ゆっくりと落ち着いてお互いがんばっていきましょうね・・・。

ホームベーカリー購入されたんですね~!
私も欲しくってほしくって・・・
今いろいろ調べて検討中です・・・。

また遊びに来ま~すv-222

tomoさん、いらっしゃい!

ホントですよね。
親がポロッと言ったことも、
子どもは本当に真摯に受け止めて
必死でがんばっちゃったりするんですよね。
親がしっかりしないとなあ・・・。
小学校、不安いっぱいです。
年中なのでまだまだ先なんですけどね(^ ^;
先輩、いろいろ教えてくださいね!
  • 2007-10-13
  • 投稿者 : eri
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://youcanrun.blog59.fc2.com/tb.php/83-51cb2151
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

eri

Author: eri
アレルギーっ子の母やってます。
♥長男ぺっち♥
2002年12月生まれ
乳・小麦・卵にアレルギーあり。
検査数値のわりに
反応が強いタイプ。

♥長女なっち♥
2006年4月生まれ
アレルギー検査結果、
軒並みスコアゼロ!
このままアレルギーに
縁のない生活を送れるのか!?

最近の記事

ブログ内検索

 

YOU CAN RUN !!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。